CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

GAPのリモート審査の可能性 グローバルGAPは5月15日からリモート審査を許可 [2020年05月21日(Thu)]
GAP総合研究所の武田です。

コロナ問題は、仕事にも生活にも大きな変化を要求しました。
テレワークやWEB会議システムは、コロナを契機に定着しそうですね。

GAPの審査は、基本的には農場を訪問し、審査員と農家は対面しながら行います。
そのため、緊急事態宣言が出ている間は、密を避ける、県境を越えて移動しにくい等の理由で、審査が延期になっている事例も多くあります。

このような状況の中、期待されている審査スタイルが「リモート審査」です。

パソコンのWEB会議システムや、スマホなどのICT機器・サービスを使い、審査員が農場に行かずにGAP審査を行うスタイルです。

■GAP リモート審査の様子 写真

https://twitter.com/takedayasuaki1/status/1263023611142500352?s=20

GAPの審査認証機関 AFCインターナショナルのご依頼により、トライアルで行いました。
審査員は自宅から、私は自分のGAP認証農場で行いましたが、思ったよりスムーズに行うことができ、手ごたえありでした。

★GAP審査認証機関 AFCインターナショナル

https://afci.jp/company/index.html


GAPのリモート審査は、コロナ対策として考えられたものですが、下記のようなメリットもあり、正式にスタートしたら定着するのではないかと思います。

(1)審査のための交通費がかからない
審査員が移動する交通費も、農家が負担していますので、これは大きなコストダウンになります。

(2)審査を2回に分けるのが容易
例えばアジアGAPであれば、審査の時間が7−8時間になります。
農家にとっても、審査員にとっても、長時間の審査は大変です。
もしリモート審査なら、1日目4時間、2日目4時間など、2回に分けて審査することもでき、負担が軽いです。


グローバルGAPは、5月15日からリモート審査を許可しました。
JGAP、ASIAGAPでも近いうちに始まるのだろうと期待します。


<その他、トピック>
★GAP総研が茨城県つくば市に、こども用マスク1万枚を寄付しました。

https://twitter.com/takedayasuaki1/status/1260489046406705157?s=20


★エグザイルの事務所LDHグループが支援 GAP農産物のドライブスルー販売 [2020年05月12日(Tue)]

https://blog.canpan.info/asiagap/archive/89


<<GAP総合研究所>>
日本唯一のGAPのシンクタンクとして、GAPや農業に関する情報提供を行う公益団体です。
特定のGAPに偏らず、実際にGAPを導入する事業者の方の希望に合わせ、広く対応しています。

農業者の方やJA、都道府県からGAPに関する様々なご相談を日々お受けしております。
その他の関連業種につきましても、会員を中心に対応しております。
お気軽にご連絡ください。

https://asiagap.jp/

------------------------------------------------------------------------------------------
認定NPO法人 GAP総合研究所
info@asiagap.jp / https://asiagap.jp
●つくば事務所&研修センター
●東京リエゾンオフィス(グランイート銀座内)
●台湾事務所
●香港事務所
------------------------------------------------------------------------------------------
GAP総合研究所のメールマガジン(無料)を読んでみよう!

>>GAP総合研究所の研修スケジュールはこちら

------------------------------------------------------------------------------------------
Posted by GAP総合研究所 at 10:00 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
エグザイルの事務所LDHグループが支援 GAP農産物のドライブスルー販売 [2020年05月12日(Tue)]
GAP総合研究所の武田です。

今年のGWは、ゴールデンウイークではなく、ガンバローウイークの略でしたね。
頑張った成果が、数字に表れてきたような気もしますが、まだ気を抜くわけにもいきません。
もうひと踏ん張りといったところでしょうか。


GW中にトライアルした「GAP農産物 送料無料のドライブスルー受取」ですが、とても好評を頂きましたので、しばらく継続することにしました。

★朝日新聞「ドライブスルー八百屋 東京・築地」

https://twitter.com/takedayasuaki1/status/1259711959500374017?s=20


<ドライブスルー型 GAP野菜バッグ 販売サイト>

★マイファーム・やっちゃば倶楽部 オンラインショップ
https://yacchaba.club/

★ザファーム WEBショップ
https://www.thefarm.jp/

★LDHファーム オンラインストア
https://www.ldhfarm.co.jp/

実は今回、エグザイルの事務所であるLDHグループが支援してくれています。
LDHの方々が「GAP認証」というワードを広めてくれています。

うれしいですね。


<商品の一例>
阿部力男のサツマイモが入った野菜バッグ 12品 約4kg
【1家族3日分の野菜が入っています】 2,380円(税抜)

阿部力男さんとは、茨城県に住む伝説の芋寝かせ名人であるサツマイモ農家さんです。
グランイート銀座のシェフたちが絶賛する美味しいサツマイモを作ります。

GAP農産物を使ったビュッフェレストラン・グランイート銀座の営業自粛は続いておりますが、そこで使うはずだった農産物を中心にセットを作って配っています。


野菜をドライブスルーで受け取るというのは、これまで経験のない方式でしたが、とてもスムーズに行われています。

注文と決済は先に販売サイトで済ませ、あとは指定した日時に野菜バッグを取りに行くだけです。
人との接触は受渡の一瞬ですから、この時期は安心ですね。

宅急便代がかからないので、通販とはいえ、お買い得です。
(宅配・送料あり も選べます)

この時期だけかもしれませんので、ぜひ一度、ご体験ください。


★プレスリリース「ドライブスルー方式の野菜販売 大好評につき継続を決定!」

https://www.gran-eat.jp/pdf/0508driveyaoya.pdf


<<GAP総合研究所>>
日本唯一のGAPのシンクタンクとして、GAPや農業に関する情報提供を行う公益団体です。
特定のGAPに偏らず、実際にGAPを導入する事業者の方の希望に合わせ、広く対応しています。

農業者の方やJA、都道府県からGAPに関する様々なご相談を日々お受けしております。
その他の関連業種につきましても、会員を中心に対応しております。
お気軽にご連絡ください。

https://asiagap.jp/

------------------------------------------------------------------------------------------
認定NPO法人 GAP総合研究所
info@asiagap.jp / https://asiagap.jp
●つくば事務所&研修センター
●東京リエゾンオフィス(グランイート銀座内)
●台湾事務所
●香港事務所
------------------------------------------------------------------------------------------
GAP総合研究所のメールマガジン(無料)を読んでみよう!

>>GAP総合研究所の研修スケジュールはこちら

------------------------------------------------------------------------------------------
Posted by GAP総合研究所 at 09:15 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
ステイホームでGAPを学ぶ ドラマ仕立てのGAP教材 JAグループ福島 [2020年05月09日(Sat)]
GAP総合研究所 所長の武田です。

コロナ問題が長引いています。
5月末ですべての都道府県で緊急事態宣言が解除されることを願います。

ステイホームでも、GAPを学ぶことはできます。

■ドラマ仕立てのGAP教材 JAグループ福島

https://www.ja-fc.or.jp/gap/

「めざせGAP認証 GAP実践の基礎編」

「めざせGAP認証 リスク管理」

「団体で取り組む『GAP認証』 会津GAP隊編」

気楽にみているだけで、GAPの取り組み方が分かります。
ユーチューブになってるので、無料で見ることができます。

1日1本、3日で3本。
ステイホームの間に、ぜひ3部作を見てみましょう。


■■ 最新の GAP 研修日程 ■■

コロナ感染拡大の防止のため、5月17日までの研修はすべて中止としました。

5月以降については、下記をご覧ください。

https://asiagap.jp/kenshu/kenshu_schedule.html


<<GAP総合研究所>>
日本唯一のGAPのシンクタンクとして、GAPや農業に関する情報提供を行う公益団体です。
特定のGAPに偏らず、実際にGAPを導入する事業者の方の希望に合わせ、広く対応しています。

農業者の方やJA、都道府県からGAPに関する様々なご相談を日々お受けしております。
その他の関連業種につきましても、会員を中心に対応しております。
お気軽にご連絡ください。

https://asiagap.jp/

------------------------------------------------------------------------------------------
認定NPO法人 GAP総合研究所
info@asiagap.jp / https://asiagap.jp
●つくば事務所&研修センター
●東京リエゾンオフィス(グランイート銀座内)
●台湾事務所
●香港事務所
------------------------------------------------------------------------------------------
GAP総合研究所のメールマガジン(無料)を読んでみよう!

>>GAP総合研究所の研修スケジュールはこちら

------------------------------------------------------------------------------------------
Posted by GAP総合研究所 at 09:00 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
GAP農産物 送料無料のドライブスルー八百屋プロジェクト(5月1日から6日) [2020年04月29日(Wed)]
GAP総合研究所 所長の武田です。

コロナ問題により飲食店の休業が相次いでいます。
そして、飲食店に出荷していた農家にも影響が出ています。
例えば、GAP認証食材を使ったビュッフェレストラン「グランイート銀座」も休業中で、出荷していた農家も納品できなくなっています。

一方で、消費者も外出自粛をしつつ、食材の買い物においても人との接触を極力おさえることが求められています。

そこで、東京の築地場外市場にGAP農産物を集め、野菜バッグを作り、ドライブスルー型でお渡ししようという企画を立てました。


<ドライブスルー型 GAP野菜バッグ 販売サイト>

★LDHファーム オンラインストア
https://www.ldhfarm.co.jp/

★マイファーム・やっちゃば倶楽部 オンラインショップ
https://yacchaba.club/

★ザファーム WEBショップ
https://www.thefarm.jp/


注文と決済は先に販売サイトで済ませ、あとは指定した日時に野菜バッグを取りに行くだけです。
人との接触は受渡の一瞬ですから、この時期は安心ですね。

宅急便代がかからないので、通販とはいえ、お買い得です。
(送料はかかりますが、宅配もできます)

今回の受渡場所は、東京・築地場外市場です。
車でも徒歩でも行ける場所を選びました。

ステイホーム
GWは、ガンバローウイーク
ということで、ご自宅で過ごす方も多いかと思いますが、お得なドライブスルーでGAP農産物を手に入れ、料理を楽しんでみてはいかがでしょうか。


====
ドライブスルー八百屋 in 築地場外市場 プロジェクト

実行委員長:武田泰明(NPO法人GAP総合研究所)
委員:三盃隆(LDHファーム)、西辻一真(マイファーム・やっちゃば倶楽部)

協力:株式会社LDHファーム、株式会社マイファーム、株式会社ザファーム、株式会社グランイート、株式会社和郷、東京促成青果株式会社、株式会社山傳、NPO法人GAP総合研究所
====


■■ 最新の GAP 研修日程 ■■

コロナ感染拡大の防止のため、5月10日までの研修はすべて中止としました。

5月以降については、下記をご覧ください。

https://asiagap.jp/kenshu/kenshu_schedule.html


<<GAP総合研究所>>
日本唯一のGAPのシンクタンクとして、GAPや農業に関する情報提供を行う公益団体です。
特定のGAPに偏らず、実際にGAPを導入する事業者の方の希望に合わせ、広く対応しています。

農業者の方やJA、都道府県からGAPに関する様々なご相談を日々お受けしております。
その他の関連業種につきましても、会員を中心に対応しております。
お気軽にご連絡ください。

https://asiagap.jp/

------------------------------------------------------------------------------------------
認定NPO法人 GAP総合研究所
info@asiagap.jp / https://asiagap.jp
●つくば事務所&研修センター
●東京リエゾンオフィス(グランイート銀座内)
●台湾事務所
●香港事務所
------------------------------------------------------------------------------------------
GAP総合研究所のメールマガジン(無料)を読んでみよう!

>>GAP総合研究所の研修スケジュールはこちら

------------------------------------------------------------------------------------------
Posted by GAP総合研究所 at 12:00 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
政府のビュッフェ自粛要請を受け、しばらくグランイート銀座の営業を見合わせます [2020年03月03日(Tue)]
GAP総合研究所 所長の武田です。

GAP認証食材を使ったビュッフェレストラン・グランイート銀座ですが、コロナ問題には抗し切れませんでした。

本日から、営業自粛することに致しました。

3月1日の政府対策本部で、安倍首相からビュッフェ自粛の呼びかけがあり、決断をしました。


■グランイート銀座 営業自粛 テレビ報道(日本テレビ)

https://twitter.com/takedayasuaki1/status/1234637330851328000?s=20


コロナ問題の収束次第ですが、4月1日には再開したいと思っています。

安心してビュッフェが食べられる社会に戻るよう、願っています。

そして、なんとかオリンピックに影響がないように祈っています。


<参考 ビュッフェのコロナ対策など>
★2020/2/27 お客様に安心して食事を楽しんで頂くために 〜グランイート銀座の取り組みについて〜

https://www.gran-eat.jp/pdf/anzen_torikumi.pdf

https://www.gran-eat.jp/



■■ 最新の GAP 研修日程 ■■

コロナ感染拡大の防止のため、GAP総合研究所の3月の研修はすべて中止としました。

4月以降については、下記をご覧ください。

https://asiagap.jp/kenshu/kenshu_schedule.html


<<GAP総合研究所>>
日本唯一のGAPのシンクタンクとして、GAPや農業に関する情報提供を行う公益団体です。
特定のGAPに偏らず、実際にGAPを導入する事業者の方の希望に合わせ、広く対応しています。

農業者の方やJA、都道府県からGAPに関する様々なご相談を日々お受けしております。
その他の関連業種につきましても、会員を中心に対応しております。
お気軽にご連絡ください。

https://asiagap.jp/

------------------------------------------------------------------------------------------
認定NPO法人 GAP総合研究所
info@asiagap.jp / https://asiagap.jp
●つくば事務所&研修センター
●東京リエゾンオフィス(グランイート銀座内)
●台湾事務所
●香港事務所
------------------------------------------------------------------------------------------

------------------------------------------------------------------------------------------
GAP総合研究所のメールマガジン(無料)を読んでみよう!

>>GAP総合研究所の研修スケジュールはこちら

------------------------------------------------------------------------------------------
Posted by GAP総合研究所 at 11:50 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
GAPでの調達を義務化したタイ王国、大手小売業がGAP要求するシンガポール [2020年02月27日(Thu)]
GAP総合研究所 所長の武田です。

コロナ対策で関係各所、ご苦労されていると思います。

GAP総研主催の研修は、2月26日から3月10日まで中止となりました。
受講者には、連絡が回っている途中かと思います。
早く事態が収束することを願ってます。


さて、2020年時点での海外の状況をいくつか情報共有します。


■GAPでの調達を義務化したタイ王国

タイの大手流通業は、GAP認証での農産物調達を政府から要求されてます。
タイ国産は2017年から、輸入品は2019年からGAP認証が基本的には必須です。

★タイのビッグC、Tops、ドン・キホーテ 店内のGAP表示

https://twitter.com/takedayasuaki1/status/1232840002419060736?s=20

まだ、店頭の100%がGAP認証品になっていないようですが、それに向けて各大手流通業は努力されています。

タイ大手小売業との青果物の商談時には、まずはGAP認証書を見せることが求められます。
GAPの種類は、タイQGAP、ThaiGAP、JGAP、ASIAGAP、GLOBALGAP、どれでもOKです。

この3年ぐらいで、タイの状況は大きく変わってきました。


■GAPでの調達が基本 シンガポール

2020年時点において、シンガポールでは政府による要求は無いようですが、大手流通業は基本的にGAP認証を要求する段階にあります。

★シンガポール 最大手 Fair Price 青果物売り場の看板にGAPマーク
シンガポールでも店舗激増中 ドン・キホーテ ポスターにGAPマーク

https://twitter.com/takedayasuaki1/status/1232833639043325954?s=20

Fair Priceは、GAP認証が必須です。
それがないと、商談になりません。
GAPの種類は、シンガポールGAP、マレーシアMyGAP、JGAP、ASIAGAP、GLOBALGAP、どれでもOKです。


東南アジアへの輸出、数年前まではGAP認証の要求は無かったですよね。

日本産だからと言って、GAP認証が無いと、タイとシンガポールの大手小売業では扱ってもらえない時代が来ました。


■■ グランイート銀座 最新情報 ■■

★ウーバーイーツで、GAP認証食材を使った弁当が買えます

https://www.ubereats.com/ja-JP/tokyo/food-delivery/クランイート銀座-gran-eat-ginza/r4dqc8rPSxywlN2WzByPrw

★GAP認証のローソンファーム大根ステーキ
GAP認証のマンゴージェラート
GAP認証のベビーリーフ HATAKEカンパニー
GAP認証のかごしま製茶ほうじ茶ジェラート

https://twitter.com/takedayasuaki1/status/1225226428859314176?s=20

★ディナー限定メニュー
GAP認証 フリーデンのやまと豚
AEL認証 ヨンキュウのカンパチ

https://twitter.com/takedayasuaki1/status/1232837982253670400?s=20



<<GAP総合研究所>>
日本唯一のGAPのシンクタンクとして、GAPや農業に関する情報提供を行う公益団体です。
特定のGAPに偏らず、実際にGAPを導入する事業者の方の希望に合わせ、広く対応しています。

農業者の方やJA、都道府県からGAPに関する様々なご相談を日々お受けしております。
その他の関連業種につきましても、会員を中心に対応しております。
お気軽にご連絡ください。

https://asiagap.jp/

------------------------------------------------------------------------------------------
認定NPO法人 GAP総合研究所
info@asiagap.jp / https://asiagap.jp
●つくば事務所&研修センター
●東京リエゾンオフィス(グランイート銀座内)
●台湾事務所
●香港事務所

------------------------------------------------------------------------------------------
GAP総合研究所のメールマガジン(無料)を読んでみよう!

>>GAP総合研究所の研修スケジュールはこちら

------------------------------------------------------------------------------------------
Posted by GAP総合研究所 at 11:00 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
オリンピックイヤー始まりました! GAP食材ビュッフェ グランイート銀座も食材を大募集! [2020年01月09日(Thu)]
GAP総合研究所 所長の武田です。

あけましておめでとうございます。

オリンピックイヤー始まりました!

選手村の食材の選定や、出荷する農家の内定など、急ピッチで進んでいますね。
面白い1年になりそうです。


■GAP食材ビュッフェ グランイート銀座 食材 大募集!

昨年3月にオープン以来、2万5千人の消費者の方にGAP食材を味わって頂きました。
グランイート銀座で食事した方は、全員がGAPを知って帰ります。

取り上げてくれたメディアも50以上。
一般の方に、GAPをどんどん知ってもらいましょう。

これまでに、グランイート銀座に食材を出荷したGAP認証農家は150農家。

★最近の料理
北海道 士幌高校のじゃがいも
千葉 芳源マッシュルーム
茨城 農流研 秋葉農園の白菜
三重県 鈴鹿山麓夢工房のシイタケ
北海道 トップファームの牛肉
福島 まるせい果樹園のリンゴ
福島 相馬高校の米 天のつぶ

https://twitter.com/takedayasuaki1/status/1215086957610459137?s=20

https://twitter.com/takedayasuaki1/status/1215087528228704256?s=20


せっかくのオリンピックイヤーですから、もっと多くのGAP認証農場に参加してもらいたいですね。

一度、ご提案を頂いた方も、改めてコンタクト頂ければと思います。

★連絡先 sales@gran-eat.jp

★グランイート銀座 食材募集のページ

https://asiagap.jp/graneat/index.html

オリンピックの調達基準(JGAP AGAP GGAP 一部の都道府県GAP)の食材、ぜひご提案ください。

★特に探しているもの
メロン、夏のイチゴ、ナス、夏のカボチャ、夏のキュウリ、インゲン、スナップエンドウ、ブロッコリー

他の食材も、どんどん提案ください。

具体的な食材を与えれば、グランイート銀座のシェフたちがインスピレーションを得て、料理をどんどん思いつきます!



■■ 最新の GAP 研修日程 ■■

★研修参加のお申し込みは、こちらまで

https://asiagap.jp/kenshu/kenshu_schedule.html

問い合わせ電話番号 029-893-4424

★GAP総合研究所の「GAP指導員 研修」は、ここが違う!

https://asiagap.jp/contens/content1.html


<<GAP総合研究所>>
日本唯一のGAPのシンクタンクとして、GAPや農業に関する情報提供を行う公益団体です。
特定のGAPに偏らず、実際にGAPを導入する事業者の方の希望に合わせ、広く対応しています。

農業者の方やJA、都道府県からGAPに関する様々なご相談を日々お受けしております。
その他の関連業種につきましても、会員を中心に対応しております。
お気軽にご連絡ください。

https://asiagap.jp/

------------------------------------------------------------------------------------------
認定NPO法人 GAP総合研究所
info@asiagap.jp / https://asiagap.jp
●つくば事務所&研修センター
●東京リエゾンオフィス(グランイート銀座内)
●台湾事務所
●香港事務所
------------------------------------------------------------------------------------------

------------------------------------------------------------------------------------------
GAP総合研究所のメールマガジン(無料)を読んでみよう!

>>GAP総合研究所の研修スケジュールはこちら

------------------------------------------------------------------------------------------
Posted by GAP総合研究所 at 11:30 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
年末年始に考え、意見を入れる 次の5か年計画 食料・農業・農村基本計画 GAPについて、どうなるか [2019年12月26日(Thu)]
GAP総合研究所 所長の武田です。

食料・農業・農村基本計画は、政府が中長期的に取り組むべき方針を定めたものであり、超重要なものです。

現在、国民から広く意見を募集しながら、次の5か年にむけ計画を策定中です。

2020年以降の中長期の日本農業として、GAPについてどうすべきか、ぜひ年末年始の晴れやかな時間の中、未来について考え、意見を入れて頂ければと思います。


★次の食料・農業・農村基本計画 意見募集

https://www.maff.go.jp/j/keikaku/k_aratana/index.html


ちなみに、現在の食料・農業・農村基本計画では、GAPについて下記の文言で組み込まれています。

=平成27年策定 現在の「食料・農業・農村基本計画」=

(1)国際的な動向等に対応した食品の安全確保と消費者の信頼の確保
農業者や産地において、農業生産工程管理(GAP)の導入が進んでいるものの、取組の水準にばらつきが見られることから、農林水産省のガイドラインに則した一定水準以上の GAP の普及、拡大を推進する

(4)グローバルマーケットの戦略的な開拓
具体的には、輸出先となる国や事業者等から求められる HACCP、ハラール(イスラム教の教義に基づいて処理、加工された食品等)、GLOBALG.A.P.(欧州の流通小売の大手企業が策定した取引要件としての GAP)等の認証取得を促進する。

また、国際的な取引にも通用する、HACCPをベースとした食品安全管理に関する規格・認証の仕組みや GAPに関する規格・認証の仕組みの構築を推進する。

(7)コスト削減や高付加価値化を実現する生産・流通現場の技術革新等
総合的病害虫・雑草管理(IPM)や GAP の導入により、栽培管理や営農管理の改善、合理化を進める。

=引用 終わり=


私も考え、意見を入れようと思います。

ぜひ皆さんも一緒に考えましょう。


■■ グランイート銀座 最新情報 ■■

グランイート銀座では、夏のメロンを探しています。

オリンピックの調達基準(JGAP AGAP GGAP 一部の都道府県GAP)のメロン、ぜひご提案ください。

https://asiagap.jp/graneat/index.html

★北海道 GAP認証 丸富青果の玉ねぎを使ったジャポネソース
ポークにもチキンにも合います 万能ソース

https://twitter.com/takedayasuaki1/status/1202204484543246336



■■ 最新の GAP 研修日程 ■■

★研修参加のお申し込みは、こちらまで

https://asiagap.jp/kenshu/kenshu_schedule.html

問い合わせ電話番号 029-893-4424

★GAP総合研究所の「GAP指導員 研修」は、ここが違う!

https://asiagap.jp/contens/content1.html


==================================

<<GAP総合研究所>>
日本唯一のGAPのシンクタンクとして、GAPや農業に関する情報提供を行う公益団体です。
特定のGAPに偏らず、実際にGAPを導入する事業者の方の希望に合わせ、広く対応しています。

農業者の方やJA、都道府県からGAPに関する様々なご相談を日々お受けしております。
その他の関連業種につきましても、会員を中心に対応しております。
お気軽にご連絡ください。

https://asiagap.jp/

------------------------------------------------------------------------------------------
認定NPO法人 GAP総合研究所
info@asiagap.jp / https://asiagap.jp
●つくば事務所&研修センター
●東京リエゾンオフィス(グランイート銀座内)
●台湾事務所
●香港事務所

------------------------------------------------------------------------------------------
GAP総合研究所のメールマガジン(無料)を読んでみよう!

>>GAP総合研究所の研修スケジュールはこちら

------------------------------------------------------------------------------------------
Posted by GAP総合研究所 at 12:00 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
GAP食材おもてなしコンテスト・内閣官房 ネットでの応援投票が開始されました [2019年12月23日(Mon)]
GAP総合研究所 所長の武田です。

以前ご紹介した内閣官房オリパラ事務局の企画「GAP食材を使ったおもてなしコンテスト」ですが、応募と一次選考を経て、応援投票の段階に入りました。

★GAP食材を使ったおもてなしコンテスト 公式ホームページ

https://gap.onsen-ouen.jp/

全国のGAPに取り組む農業高校や農業大学校が、
ホストタウンと組んで、
2020東京オリンピックに向けて世界から集まるアスリートを、
GAP食材でおもてなしする企画を競うコンテストです。


GAPを良く知る皆様も、選考に参加することができます。


現在、40の企画が応援投票にかけられています。
その結果もふまえ、1月以降の審査会で審査され、受賞チームが決まります。

企画内容をしっかり見て頂き、「このおもてなし企画はいいぞ!」というものに投票をお願い致します。

★「GAP食材をつかったおもてなしコンテスト」 応援投票はこちら

https://gap.onsen-ouen.jp/



■■ グランイート銀座 最新情報 ■■

★グランイート銀座は、お茶もGAP認証 JAかごしま茶業

https://twitter.com/takedayasuaki1/status/1202204484543246336

★JGAP認証の豚肉を使ったベーコン フリーデン・やまと豚

https://twitter.com/takedayasuaki1/status/1202989312108711939


■■ 最新の GAP 研修日程 ■■

★研修参加のお申し込みは、こちらまで

https://asiagap.jp/kenshu/kenshu_schedule.html

問い合わせ電話番号 029-893-4424

★GAP総合研究所の「GAP指導員 研修」は、ここが違う!

https://asiagap.jp/contens/content1.html


==================================


<<GAP総合研究所>>
日本唯一のGAPのシンクタンクとして、GAPや農業に関する情報提供を行う公益団体です。
特定のGAPに偏らず、実際にGAPを導入する事業者の方の希望に合わせ、広く対応しています。

農業者の方やJA、都道府県からGAPに関する様々なご相談を日々お受けしております。
その他の関連業種につきましても、会員を中心に対応しております。
お気軽にご連絡ください。

https://asiagap.jp/

------------------------------------------------------------------------------------------
認定NPO法人 GAP総合研究所
info@asiagap.jp / https://asiagap.jp
●つくば事務所&研修センター
●東京リエゾンオフィス(グランイート銀座内)
●台湾事務所
●香港事務所

------------------------------------------------------------------------------------------
GAP総合研究所のメールマガジン(無料)を読んでみよう!

>>GAP総合研究所の研修スケジュールはこちら

------------------------------------------------------------------------------------------
Posted by GAP総合研究所 at 11:50 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
野菜を入れている段ボール箱は、安全なのか? [2019年11月29日(Fri)]
GAP総合研究所 所長の武田です。

JGAPとASIAGAPの違いの一つが、以下の管理点です。

ASIAGAP 18.7 農産物接触面の安全性

農産物と接触する機械・設備、運搬車両、包装資材、収穫関連容器・備品及び保管容器等は下記の条件を満たしている。

(1) 接触面の素材による食品安全への影響を検討し、影響がある場合は使用していない。


これはJGAPには無く、農家が対応に困る一つです。

しかし、確かに農産物の包装資材など、安全性に問題のある素材が使われていると、食品安全が侵されることもあるでしょうし、重要な視点ではあります。


今回のメルマガでは、すべての農家が使っているであろう「段ボール箱」に着目します。

野菜の流通において、段ボール箱は不可欠です。

特にじゃがいも、ニンジン、玉ねぎ、キャベツ、大根、白菜など、主要な野菜の多くは段ボール箱に内袋なく直接に入れます。

段ボールは、古紙が使われることもありそうで、その安全性は大丈夫なのでしょうか。


農家のアクションとしては、段ボール箱を買っている先(JAや資材屋)に、その安全性や保証を問い合わせることになりますが、以下の基準を守っているかどうかが一つの目安になります。


■食品に接触することを意図した紙・板紙の自主基準について(日本製紙連合会 2007年)

https://www.jpa.gr.jp/file/topics/20070924045859-1.pdf

*掲載場所
https://www.jpa.gr.jp/docs/release/index.php?year=2007


■印刷インキに関する自主規制(印刷インキ工業連合会 2017年)

http://www.ink-jpima.org/pdf/nlinfo03.pdf

*掲載場所と規制準拠マーク
http://www.ink-jpima.org/ink_anzen.html


もちろん、購入した段ボール箱が安全でも、そのあとの農家での保管管理によっては汚染することがありますから、その点も忘れずに。

以上、ASIAGAP指導の参考にしてください。


■■ グランイート銀座 最新情報 ■■

★GAPの新米と、GAPの生卵 で、卵かけご飯!

https://twitter.com/takedayasuaki1/status/1192124343892885504?s=20

★グランイート銀座のディナー限定メニュー
GGAP赤玉ねぎのロースト
JGAP牛肉のビーフシチュー

https://twitter.com/takedayasuaki1/status/1200229186155106304?s=20


■■ 最新の GAP 研修日程 ■■

★研修参加のお申し込みは、こちらまで

https://asiagap.jp/kenshu/kenshu_schedule.html

問い合わせ電話番号 029-893-4424

★GAP総合研究所の「GAP指導員 研修」は、ここが違う!

https://asiagap.jp/contens/content1.html

===================================


<<GAP総合研究所>>
日本唯一のGAPのシンクタンクとして、GAPや農業に関する情報提供を行う公益団体です。
特定のGAPに偏らず、実際にGAPを導入する事業者の方の希望に合わせ、広く対応しています。

農業者の方やJA、都道府県からGAPに関する様々なご相談を日々お受けしております。
その他の関連業種につきましても、会員を中心に対応しております。
お気軽にご連絡ください。

https://asiagap.jp/

------------------------------------------------------------------------------------------
認定NPO法人 GAP総合研究所
info@asiagap.jp / https://asiagap.jp
●つくば事務所&研修センター
●東京リエゾンオフィス(グランイート銀座内)
●台湾事務所
●香港事務所

------------------------------------------------------------------------------------------
GAP総合研究所のメールマガジン(無料)を読んでみよう!

>>GAP総合研究所の研修スケジュールはこちら

------------------------------------------------------------------------------------------
Posted by GAP総合研究所 at 11:00 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
| 次へ
検索
検索語句
タグクラウド
プロフィール

GAP総合研究所さんの画像
https://blog.canpan.info/asiagap/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/asiagap/index2_0.xml