CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2019年09月25日

ミッション「15文字で私たちの活動を表現せよ」

主婦3人、子育て中にっちもさっちもいかなくなって、たくさんの人から力を借りて助けてもらった経験から、かゆいところに手が届くようなニッチを察知した子育て支援をしたくって始めた活動。

地域の子育て情報発信から、イベントの託児、親子防災講座の開催、地域子育て支援拠点事業、小学生の長期休みの体験の場、多世代の居場所づくり、地域づくりのファシリテーターなどなど、地域で子育てを支える土台になるのならと、様々な事業を行ってきました。

それゆえに、明日のたねさんって何やってるの?と聞かれます。
あれもこれもでゆーらゆら、風に吹かれて揺れる柳のような団体に見えるのかもしれません。
説明すれば、ほぼわかってもらえるのですが、それでは広報不足で親切ではないですよね。

私たちの活動を15文字で表現するとしたら、なんだろ?
大切にしてることってなんだろ?
今週みんなで考えてみようと思います。
posted by 伊藤和美 at 16:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 活動について

2019年09月18日

はじまりは

2010年から続く庄内子育て情報サイト「TOMONI」を企画・運営していた庄内地域子育て応援協議会が解散することになり、団体のOGで、伊藤和美、丹治亜香音、佐藤香澄の3人が、子育てを応援することを目的として
立ち上げることになり5年がたちます。

子育て真っ最中のママである3人が、自分たちが経験してきた「困った」を解消すべく、子育てのニッチを察知して活動しよう!と思い立ったことが、この取り組みのきっかけです。
posted by 伊藤和美 at 18:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 活動について

私たちの思い

「よく来たの〜」「おかえり〜」「いらっしゃい」とみんなを迎えます。
「いってらっしゃい」「まだこいの〜」とみんなを送ります。
いつでも、ウエルカムです。
(だたし、ひろばの鍵が空いてたらですけどね。いない時もあるから)
子育て中のママ・パパへ
「MAY I HELP YOU?」あなたを手助けしてもいいかな?
子育てをひとりで抱えず、どうぞひろばに遊びにきてください。 あかちゃんの離乳食のこと、歯磨きのこと、自分の体調のこと、嫁姑のこと、なんでもOK明日のたねに相談してください。 みんなあなたを待ってますよ。
こどもの暮らしや子育て環境がよくなることは、すべての人が安心してその地で働いて暮らせるということだと考えます。
わたしたち「明日のたね」は、子育てに関わる人たちや子ども、子育て家庭に対して、不安を解消する交流・相談の場の提供や、体験学習型の事業、その他子育て支援に関する事業を行い、子どもの幸せを願うすべての人々をつなぎ、地域の人々とお互いに支えあいながら、安心して子育てができる暮らしやすいな社会づくりに寄与することを目的とします。   生活の中で子どもが豊かに育つ環境をつくりたい、ともに。
豊かな自然環境のなかで、こどもたちと思いっきり遊ぶこと、じっくり自然と向き合うこと、異年齢で遊ぶこと。配慮や思いやり、たくましさ、工夫すること、しなやかさ、関り、器用さ、考え続けることを身に付けていきます。それは、人間力の土台になっていきます。
様々な団体と協働し取り組むことで、環境をつくる。
身の丈にあった持続可能な暮らしをこの庄内で実現できたらステキです。
子育てはひとりではできません。
たくさんの人の力を借りて、自分らしい子育てをしませんか
「お互い様」と「おかげさま」
そして、自分が支えられ分、次のだれかにやさしくなれる。

私たちは子育てをとことん応援します
困難を抱える人には友人のように寄り添います
人と人がつながり、お互いのよいところを引き出し合う働き方・生き方を実践中です。
子育てから始まる多世代コミュニティをワクワクしながら作っています。
posted by 伊藤和美 at 17:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 活動について