CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2021年10月11日

お風呂託児にプラス

お風呂託児事業をはじめて2年目?3年目?
こどもが小さいとき、ゆっくりお風呂に入れなかったなぁ
たまにゆっくりお風呂に入りたいよなぁ〜
ママだって、温泉だって入りたい。
その思いで企画したこの事業
またまた、進化しますよん
・・・・・・・・・・・・・・・・
「ぽっぽでともに」始めます!!
毎月第3火曜日は長沼温泉ぽっぽの湯でお風呂託児の日です。
ちょっとカタチを変えて♪
いつも通りのお風呂託児に加えて、
・お子さんと一緒に遊ぶ場所
・お茶飲み
・おしゃべりの場   などなど
親子連れから地域の方々も気兼ねなく立ち寄れる場所として
「ぽっぽでともに」を開催します。
★日にち  10月19日(火)
★場 所  長沼温泉ぽっぽの湯
★時 間  10:00〜15:00
※申込み・利用料は必要ありません。


<お風呂託児をご利用の方>
☆時 間  ➀10時〜12時 A13時〜15時 の2回入れ替え制
☆対 象  0歳〜未就学児のお子さんとその保護者
☆定 員  1回3組まで
☆利用料  お子さん1人500円
(別途入浴料450円が必要になります)
☆申 込 電話、メール、Facebook、申込みフォーム、
LINEチャットにて明日のたねまでお申し込み下さい。
お申込みの際にお知らせいただくもの
「保護者・お子さんのお名前・年齢・住所・電話番号・
利用回の時間」
こちらのフォームからどうぞ↓
https://ws.formzu.net/fgen/S26773463/
★持ち物  お子さんの飲み物(水分補給用)、おむつ、
着替え、バスタオル(入浴する場合)
その他必要なもの
******************************************************************
〇みんなが安心して過ごせるように、出入口に消毒液の設置
とこまめに換気を行います。
〇託児スタッフはマスクを着用します。
******************************************************************
明日のたねのHP
posted by 伊藤和美 at 21:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 活動について

2021年06月02日

県へ事業報告が終わったー。

NPO法人ってめんどくさいよって
立ち上げ当初にNPO法人を先に起こしていた人に言われた。
何がそんなに面倒くさいのかなぁって思ってた。
たぶんこれなんじゃないかな〜
IMG_9499[1].JPG
決算終わって、会計監査、業務監査、総会終わって、県に報告
その間には、昨年度の振り返りと今後をめぼし立てて、総会前には理事と
総会時には、正会員(社員)と話し合う。
うちの場合は話し合い(会議)というよりも対話に近い。
それぞれフィールドが違うけど、目的は同じ。そんな感じ
すごく緊張する期間だ。
( ´Д`)=3 フゥ
さぁ、またがんばっぞ╭( ・ㅂ・)و ̑̑ グッ !
posted by 伊藤和美 at 08:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 法人運営

2021年05月24日

監査報告とともに

今年度の監査役から届いた書類
総評が書いてあった。
IMG_9486[1].JPG
「確認書類にありました会員登録の申込書類に記載された一筆一筆から、各会員の貴法人への少なからぬ期待を感じることができました。
そうした地域の人々が寄せる思いに応えるとともに、両輪となる所属職員の方々の福利厚生面の充実を図っていくことで、貴法人にかかわるすべての人にとっての「居場所」としての機能を高めていけるよう、一層の努力を続けていただければと思います。」

なんとうれしいお言葉!そしてなお一層精進せねばの気持ちになりました。



posted by 伊藤和美 at 16:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 法人運営

2021年05月22日

令和2年度決算終了

何とか無事に令和2年度会計が終わり、決算書作成が完了した―
会計事務所さんから、第7期の決算報告書が届くとほっとする。
IMG_9481[1].JPG

今年は第8期 
主婦が手探りで始めた活動もやっとここまできたなと思う。
亀の歩みかもしれないけど、今年度も、お互い様の気持ちで頑張ろうと思います
posted by 伊藤和美 at 13:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 法人運営

2021年05月17日

NPO法人のための業務チェックリストにて 自己監査

今年度も新型コロナウイルス感染症拡大のため、
監査も総会もどうしたものかと試行錯誤

今回は理事と一緒に
NPO法人のための業務チェックリストを使って自己監査
からの監事監査を行うことにした。

結構な項目で、気が遠くなりそう
途中でやめたらわからなくなってしまいそう
集中してがんばりました。
187284951_233057535284689_8195481690825131488_n.jpg

あの書類、この書類たくさん開いて、チェックして
186513624_2971752153059981_931688863547692923_n.jpg

やったー!まずは終了。
ほんとふぅですわ

参考資料
https://npoatpro.org/user/media/npoatpro/page/tool/NPOChecklist2018.pdf
posted by 伊藤和美 at 16:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 法人運営

2020年10月07日

たねに視察くるってよ

明日のたねに視察したいとの申し出があった。
それも復興庁の事業で伴奏支援をしている会社の方からだった。
えー?うち? なんかの間違いじゃない?
四苦八苦、てんやわんややってる小さな地道な活動の私たちに
視察しに来たいなんて、う〜ん
笑われる?ネタ?かしら
まぁ失敗ネタならたくさんあるから、その辺はもってこいですけど

そういえば、私たちも立ち上げの時、上越と長岡に視察にいったなぁ
マミーズネットさんは子育て支援の活動をしていて尊敬する団体であり、
魅力的なリーダー中条さんに会いに行って
ひとしきり話を聞いてもらって「大丈夫よ、がんばって」と声をかけてくれたことは
勇気になったし、
中越地震後、長岡で多世代交流の子育て支援と防災に取り組んでいるになニーナさんでは、
地域のおばあちゃんも子育て中のママもたくさんの人が関わって子育て支援をしている形が
支えあって、育ちあっている感じで理想的に見えてあこがれた。
私たちもそんな風にしたいなって仲間と話したものです。 なつかしい
少しは近づいているかな、私たち。

一つだけ言えるのは
発展途上の私たちの活動を見に来た人は、
きっと自信をもって地元で活動できることでしょう。
「あの人たちができるんだもの、私たちも大丈夫よね」
ま、それでもいっか。


posted by 伊藤和美 at 18:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 法人運営

2020年09月26日

嫌がわかれば、よしがわかる。

不慮の事故で亡くなってしまった子どもの記事を
絵文字付き文章でシェアしてしまう、そんな配慮のなさはいやです。
子ども1人死亡ではありません。大切なこども○○ちゃんが命を落としたのだから
せつなすぎます。
「子育てを頑張ってるママをお手伝いしたい」
そのスタンスはいやです。
「お母さんなんだから、○○・・・・」と
続く言葉嫌です。
「子どもが3才までは働かず家庭を守ったほうがいい」
嫌です。
「お母さん働いてて、子どもかわいそうだ」
なにが?
「お母さん忙しくで、母子分離で子どもに不安、負担が増えている」
それ本当ですが?
「家庭の教育力の低下」「地域の教育力の低下」
いつから何が下がったからですが?
0才の親は10年経つと10才の子の親ですが、
その間もその前も親として親になるための教育受けてませんけど
何か学ぶ機会ありましたっけ?

いろいろとダークなことが出でてくるけど、
この怒りに根本が見てて来そうなので、大事に取っておく。

嫌がわかれば、よしがわかる。
あとは引き寄せの法則なのだから。IMG_4590.JPG


posted by 伊藤和美 at 12:38| Comment(0) | TrackBack(0) | (カテゴリなし)

2020年09月17日

9月ってこんなに忙しかったっけ?

8月がやっと終わったな〜と思う暇もなく
9月に突入
せわしないまま、もう17日
新型コロナで3、4月は事業がなかったものの、
仕事はわんさかあったので、何もすることないという日はなく
そのまま来ている。いやそれ以上に慌ただしい。
新型コロナ感染症拡大が、ゆるくなっているところで
年内の事業はなってしまわないとというコトなのか!?
まず、忙しい。会議も研修も今の内にやってしまおう感が半端ない

去年の手帳を見てみた
やっぱり、忙しいかった。
なんだ、今にはじまったことじゃなかった。

体調管理、しっかりしようか。
子どもを安心して見守れる体力が続きますように
そして今日は山形行き県の社会教育委員の会議だそうな
意見書も出しているので、わりとすんなりなのかな?
私の質問には答えてもらってないけどね
                         (令和2年9月17日)
posted by 伊藤和美 at 08:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 活動について

2020年09月14日

「子育て支援」で思うコト

619.JPG
私は子育て支援という言葉が大っ嫌いで、
特に自分の住んでる町のスローガン
「子育てするなら日本一」というのが本当にいやだった。

その理由は2つある
ひとつは、子育てをするというコトは、支援されなければならないものという概念が
暗黙にあって、母親には手厚い行政支援が必要と言わんばかりのことだったから。
そりゃ子育ては母親一人ではできませんよ。もちろん、手助けは必要ですよ。
でも、バリバリ社会人として働いていた女性を、子どもが生まれたからといって
いきなり「たいへんよね、お母さんえらいね〜」と上から目線で支援するのは、
どうなの?って思ったわけですよ。
そして「今ドキのお母さんは、○○で」と困った顔で言われたって困ります。

2つ目は、保育園の期限が切れて、でも再度家の事情で預けなきゃいけなくなった事があった。
その時、私の住んでる保育園には空きがないということで、預かってもらえない。
じゃどうしたらいいのかと相談したら、
「自分で探してください」と当時の町立保育園園長に言われました。
そして、参考になる保育園情報も渡されなかった。
その時のショックはものすごくって、悲しくて、くやしくて
家でうぁんうぁん泣いたの覚えてる。
その後、いろんな人に聞いて調べて近隣の保育園を探して、電話して、
なんとか面倒見てくれる保育園さん見つけて、
私は個人事業主として仕事ができるようになった。
結局、2人目を出産してから心身の健康を崩し、当時やってた事業も休むことになったけど
今思えばあれが、私が子育て支援の仕事をしている原点だなぁって思う。

あの出来事なかったら、今の活動なかった。
ん?じゃよかったのかもしれない。
人生、わからないものだね。
過去の経験の価値は今の自分が決める。
うん、その通りだ。
posted by 伊藤和美 at 19:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 活動について

「見上げれば空 いつも一緒」とブログ名にした理由

170913_私が飛んだ日.jpg
このブログは、子育て支援の仕事を始めたばかりのころ
試しに個人的に作ったのがはじまり。
だから、自分の子育ての事がブログのはじめころにある。
自分の子育ても満足にできないのに、子育て支援とは
おこがましいなぁと思ってたなぁ〜 
それに、わたしはわたしだった。わたしらしい子育てがしたかった。

保育園に預ける時、
ほんの少し寂しくて
ほんの少しほっとして
ほんの少し後ろめたい。

でもね、今いるその場所で、自分の出来る事をする方がいい。
大人は誰かのために楽しんで仕事ができたら、なおいい。
子どもは、こどもを中心に遊べる環境にいた方がいい。
そう思って、保育園の先生にお願いして預かってもらった。

見上げたらさ、空があって繋がってる、娘たちとも同じ空を見ているよ
そんな気持ちでつけたブログ名だった。
わたし綾香に「みんな空の下」という歌が大好きというコトもあったと思う。
いいよね〜あの歌。今でも好きだ
posted by 伊藤和美 at 19:11| Comment(0) | TrackBack(0) | しんみり