CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

あしぶえ

認定特定非営利活動法人あしぶえは、
しいの実シアターを活動拠点として、しいの実シアターの指定管理や演劇祭の企画、運営管理に加え、 演劇の力による<人づくり、まちづくり>に取り組んでいます。


演劇はこころのたべもの5 [2019年09月19日(Thu)]
あしぶえだより 演劇はこころのたべもの 5  2019/09/13

しいの実シアターやあしぶえの活動などを写真とともにお届けします。

<シアターのお客様>
溝口造園ニートガーデン専務の山田康富さんが、全国公立文化施設協会の支援員派遣事業の支援員として来てくださいました。山田さんは、広島を中心に活躍されている庭園作家さん。しいの実シアターが地域の人々の憩いの場として親しまれる劇場にするためのアドバイスをいただきました。

b063a5022a10a94b573e2c530856bfa7a1bb48a0.jpg
山田康富さん(左)と松浦造園 松浦隆介さん

12d5d0b68cf0b46bef25b98f9a38f5bfaa61df01.png
山田さんと一緒に、シアター周辺を巡ってみました。

<しいの実シアター 今日この頃>
学生インターンシップで2名の学生さんが、しいの実シアター5日間の体験をしました。
あしぶえ公演を1週間後に控えていることもあって、毎日違うことを体験したお二人から感想をいただきました。

私は「何か新しいことを学ぼう」と考え普段の自分の生活とは無縁の場所を選びました。演劇の世界から学ぶことは多いなと思いました。発声について指導してもらったり、木に生っている梨と出会ったり、「何か新しいこと」をたくさん学んだり経験したりしました。(ほのかさん)

一番印象的だったのは、発声練習でした。生きていくうえで「声を出す」ことの大切さ、どうすれば相手の心に届くしゃべり方になるのか、普段学校や大人から教えて貰えないことを教えていただいた貴重な時間だったと思います。どんな職に就こうとも必ず役に立つだろうと確信する5日間でした。(かなみさん)

<しいの実シアター花ごよみ>
ナシ(梨)
なし.jpg

山田さんたちとしいの実シアター周辺を巡っていたら、梨の木が、実をつけているのを今年はじめて発見!
その味は、赤梨系のとても甘くて懐かしいものでした。
実りの秋到来。
シアター周辺の田んぼでは、黄金色に実った稲穂がこうべを垂れています。

***************

9月22日の「セロ弾きのゴーシュ」公演のチケットは、お席に余裕がございます。

10月6日のチケットは残席わずかです。

ご予約はお早めにどうぞ。

しいの実シアター他、以下でお求めいただけます。

プレイガイド 

島根県民会館、プラバホール、ビッグハート出雲、チェリヴァホール、今井書店(グループセンター店・学園通り店)

ローソンチケット Lコード:62128

みなさまのお越しをお待ちしています。

http://www.ashibue.jp/news

県内外からお店が出店
ミニマルシェも同時開催!


検索
検索語句
タグクラウド
プロフィール

あしぶえさんの画像
https://blog.canpan.info/ashibue/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/ashibue/index2_0.xml