CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

あしぶえ

認定特定非営利活動法人あしぶえは、
しいの実シアターを活動拠点として、しいの実シアターの指定管理や演劇祭の企画、運営管理に加え、 演劇の力による<人づくり、まちづくり>に取り組んでいます。


しいの実シアター キノコの胞子拡散戦略 [2020年08月23日(Sun)]
梅雨の頃から、しいの木の下の草取りをしているとき、ちらっと見かけていたのですが、今でも生えているので、ナニモノかなぁと、調べたり知り合いに聞いたりしました。

117972695_1398887636977300_4611892288520430799_n.jpg

ホコリタケというキノコのようです。
刺激を与えると、名前の通りホコリのような黒い細かい胞子が風に舞います。

118151814_1398887580310639_3765932715870963360_n.jpg

118027078_1398887656977298_8852596635909139440_n.jpg

117817019_1398887606977303_2929223955901500069_n.jpg

なぜここに?と思ったら、上から椎の実など木の実が落ちたり、雨のしぶき、枯れ葉、枝が折れて落ちたり、数々の刺激を受けるたびに、袋状のキノコのてっぺんの小さな穴から、胞子を飛ばします。
そして、冬になって、身軽になったら、地面を離れて、自ら転がって最後まで胞子を撒いていくのだとか。
なかなかのたくましさ。

私たちも、口コミで、PRをコツコツ頑張ろう。

ちなみに、若いキノコは、食用になるらしい。あんまり、美味しそうではないけど。
一応、頭の片隅に入れておく。
トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました
コメント
検索
検索語句
タグクラウド
プロフィール

あしぶえさんの画像
https://blog.canpan.info/ashibue/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/ashibue/index2_0.xml