CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
«トマトの不思議? | Main | 荒川消防団始式»
<< 2011年03月 >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
環境大学新聞
パチンコ屋・民放を計画停電に! (02/01) 傍観者@関西人
角栄氏の遺産 (03/08) 一区民
角栄氏の遺産 (03/07) 岩国市民です
岩国市長選に考える (02/12) にゃん
北千住観音・・・次は南千住 (09/07) 元高校球児
偉大な勘違い・・高野連 (05/16) 大河原修三
古館一郎現象 (05/14) 倉澤正行
緊急出動 (08/24) 草実後輩の端くれ
負けるな!王貞治。 (08/02) トンチャン
中年たちの「大和」 (05/12)
最新トラックバック
エッ−、国蝶オオムラサキいた。 [2010年05月25日(Tue)]
今日のお弁当

主食・・・ご飯(七分搗き)
主菜・・・飛竜頭の煮物
副菜@・・卵焼き
副菜A・・鳥笹身と法蓮草のソテイー
副菜3・・アメーラトマト


なんと国蝶オオムラサキが居た!}





 今朝久々に晴れたので、ポットの花の手入れをしていた。玄関近くのポットを手入れしていると、葉が一枚ハラ〜ハラ〜と目の前に落ちてきた。スーと目を上に向けると、榎の鉢植えがある。何の気なしに目を凝らすと、あれっーオオムラサキだーー、と叫んでしまった。6〜7年前から有志で、国蝶オオムラサキを荒川区の大空に飛ばそうと飼育を始めた。荒川自然公園(都電荒川2丁目停留所下車目の前)の中に立派なゲージを作ってもらい、中に食草のエノキの中高木を2本植栽してある。5年前からは毎年初夏に観察会を開催している。時々食草の榎が足らなくなり、榎をポットで各自植栽している。3年ほど前に、オオムラサキの三齢虫をわが家に非難させたことがある。10頭ほど避難させ、全部ゲージに戻したつもりだった。ところが、1頭だけ洩らしてしまい、それが何故か今冬幼虫で越冬し春を向かえ、枝に上がってきた様だ。しかも、すでに体長6センチほどに成長していた。・・・誠に驚きです。後10日ほどで蛹になるでしょう。そうしたら、荒川自然公園に戻してあげよう。きっと、良い伴侶を見つけ、次代を繋いでくれるでしょう。
 尚、今年も6月12日(土)〜8月1日(日)までの土・日、午前10時から午後4時、荒川自然公園オオムラサキゲージで観察会を開催します。幼虫から成虫(蝶)まで、身近に見ることが出来ます。是非お越し下さい。入場無料。 都電・荒川2丁目停留所下車。
 
トラックバック
ご利用前に必ずご利用規約(別ウィンドウで開きます)をお読みください。
CanpanBlogにトラックバックした時点で本規約を承諾したものとみなします。
この記事へのトラックバックURL
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
トラックバックの受付は終了しました

コメントする
コメント