CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
«光学通り | Main | トマトの不思議?»
<< 2011年03月 >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
環境大学新聞
パチンコ屋・民放を計画停電に! (02/01) 傍観者@関西人
角栄氏の遺産 (03/08) 一区民
角栄氏の遺産 (03/07) 岩国市民です
岩国市長選に考える (02/12) にゃん
北千住観音・・・次は南千住 (09/07) 元高校球児
偉大な勘違い・・高野連 (05/16) 大河原修三
古館一郎現象 (05/14) 倉澤正行
緊急出動 (08/24) 草実後輩の端くれ
負けるな!王貞治。 (08/02) トンチャン
中年たちの「大和」 (05/12)
最新トラックバック
ぬかるみも4人組のせい! [2010年05月18日(Tue)]
今日のお弁当

まるで文革後の中国みたい




 赤松農相


 宮崎牛大ピンチ! 宮崎県で、牛の口蹄疫が急激に拡大。ついに宮崎牛の種牛も感染した模様。あたふたしたのは宮崎県。お笑い芸人の知事は如何しているのか?と、思っていたら、ここにきて「政府の対策が遅い」の大合唱。えええ。そもそも、宮崎県は何してたの?知事は何してたの?手に負えないけりゃ、東京にすっ飛び政府に陳情すればよかった。「自分では荷ガ重過ぎる。助けて!」と来れば良い。政局の時には身も軽く、東京に来たのに!
 ところが、冒頭の通り「政府が悪い」の大合唱。これはちと可笑しい!マスコミは何でも鳩山政権のせいにする。確かに、超軽薄内閣ではある。でも、あれほど地方主権を唱える宮崎県知事殿、もう少し自己責任を発揮したら?と、思うのは私だけだろうか?
 40年前ほど中国に行って聞いた話を思い出した。北京在の読売新聞特派員の話。「今地元の幼稚園に子供が行っててるが、最近子供が覚えた歌に、(雨が降り、水が溜まるのも、4人組のせい!)というのがある。ついこの間まで、何でも4人組のお陰!と歌っていたのに!」というもの。今の日本とちっとも変わっていない。
トラックバック
ご利用前に必ずご利用規約(別ウィンドウで開きます)をお読みください。
CanpanBlogにトラックバックした時点で本規約を承諾したものとみなします。
この記事へのトラックバックURL
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
トラックバックの受付は終了しました

コメントする
コメント