CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2015年04月24日

文字入れ完了!


無事ガラスの交換が済んだので、次はいよいよ文字入れです。
やはり両面にこの金文字がないと、佐藤医院の玄関としてはしっくり来ません。

DSCN1376.JPG

風が強く、どんより曇ったあいにくのお天気でしたが、本日午後
日の丸工芸(有)さんが、文字入れ作業に来てくれました。

まずは、表面の汚れを落として‥
DSCN1401.JPG

位置決め。隣の文字も、一旦剥がしてまた貼ります。
DSCN1403.JPG

文字シートを貼って‥
DSCN1405.JPG

丁寧に剥がします。(直接描いていくのではないのですね ^^)
DSCN1409.JPG

ポツポツ降り始めた雨が、ちょうど作業中にピークになってしまい、
底冷えのする寒さでしたが、ピロティのある玄関なので作業は滞りなく続行。

そして完成です。
DSCN1415.JPG

まるで元通り!!
ガラス入れと文字入れの二日間の行程、所要時間合わせても約3〜4時間?
2年ものあいだ、手をこまねいていたあの時間はいったい何だったのでしょう?

それでも私は信じたい。この寝かせておいた2年間があったからこそ
とんとん拍子に運ぶ二日間という時間が生まれたのだと(ご都合良すぎ?w)

兎にも角にも、私の不注意で破損してしまったガラスでしたが
こうしてすっかり元通りにしていただくことができました。

直してくれた業者の皆さん。
遠くより見守りご心配下さった多くの方々。
そして、修復費用にとカンパして下さったれきけんのみなさん。

本当にありがとうございました。


DSCN1417.JPG







posted by tsukada at 22:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 活動記録

2015年04月23日

庭開き

DSCN1400.JPG

久しぶりの晴天
冬囲いを外す「庭開き」には最適の日です。
冬のあいだ、雪の重みに耐えて
辛抱強く春を待っていた樹木の枝葉を
思いっきり解放してあげましょう。

DSCN1387.JPG

DSCN1390.JPG

伸び放題だった枝先はすっきりカット

DSCN1396.JPG

剪定枝は、さらに枝を払って小さくまとめます。
少しづつのつもりでも、けっこうな量です。
軽トラ山盛り2台分でした‥。

DSCN1398.JPG

地面に積もった落ち葉は、拾い集めて腐葉土に。

いつもながら思うのは、毎年毎年繰り返されるこの作業。
何ごともそうなのでしょうが、美しさを保つ陰には必ず
このような地道な努力があってこそ。

ただただ感謝するばかりです。












posted by tsukada at 23:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 活動記録

2015年04月17日

ガラス復活!!


長い間の懸案事項だったガラスの修復がなんと!
たった二日間で解決するという急展開!
(ただ単に、これまで解決のために動いていなかっただけ、とも言えますが)

玄関正面.JPG

今年度こそ本腰を入れて、直してくれるところを探さなければ、と思っていた矢先
まずは地元業者さんをしらみつぶしに当たってみよう、と思いつつ
直感的に門をたたいた一軒目のガラス店さんが、まさかのビンゴ!!
「ちょうど同じガラスがうちにあるよ。古いガラスだからもう数はない物だけど、
寸法さえ合えば、取り替えは可能」とのこと。
早速寸法を測り直してみると、サイズはOK。
こぉんなに話がスムーズで怖いくらい、と思いながら、兎にも角にも依頼することに。
‥そして本日、実際の採寸からあっという間に取り外し、取り付け完了!

古い押縁も釘も、もう今ではない物だからと、丁寧に取り外して、再利用してくれました。
今まで、ガラスがなかったり、コーキングなら簡単にできるけど‥といわれたり、
そもそも、外したときに壊れてしまいかねない劣化している材料を、もう一度再利用して
できる限り元の通りに修復して欲しいと依頼されることに、二の足を踏まれていたため、
地元でそんな依頼に応えてくれるところはないだろうと、はじめから決めてかかっていました。
今回、ビンゴだった中田ガラス店さんは、アンティークガラスの価値にも造詣が深くて、
古い家具を解体して再利用したりオーダー家具なども手がける職人さんでした
そのため、細かいことを説明しなくてもわかってくれる、というのは何より大きな安心でした。
灯台もと暗しで、こんなに身近にステキな職人さんが居たのに、今までの年月、私はいったい
何をやっていたんだろう?とも思いましたが、この年月があったからこその、ビンゴの巡り合い
だったんだろうという、セレンビリティ(幸運な引き寄せ)を強く感じずにはいられません。
だって、風の噂で、佐藤医院のガラスのことは聞き及んでいたとか。
割れた直後の当時では、地域に話題が広がることには、多分なってはいなかったでしょう。

そして早速、実測に来てくれることになった本日。

DSCN1364.JPG

まずは押縁を丁寧に取り外し

DSCN1365.JPG

ドアの金具も取り外して

DSCN1366.JPG

DSCN1368.JPG

DSCN1370.JPG

ガラスが外されました。


DSCN1371.JPG

新しいガラスを裁断

DSCN1375.JPG

金具をまた付け直して

DSCN1376.JPG

完成 exclamation×2

あのヒビ割れがまるで存在しなかったかのように、キレイに元の姿がよみがえりました。

美しい表面に思わずうっとり‥ ありがとう!中田さん ハートたち(複数ハート)

さぁ、次は文字入れです。



posted by tsukada at 23:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 活動記録

2015年01月03日

2015年 新春 

2015年 あけましておめでとうございます

IMGP5095.jpg

思えば昨年2014年は、たくさんの方々との関わりを戴き
飛躍的に活動の幅が拡がっていった一年でした。

春の開館に始まり、6月 知恵の蔵運営委員会女性サロンの開催
DSCN0757.JPG

ふしぎヒコーキ飯島実さんと、マリオとはるさんのコラボライブ
DSCN0789.JPG

近隣に若者がこれほどたくさん居たのかと
改めて頼もしさを感じた「鯨井会」の集い
DSCN1084.JPG

そして何より
新たな可能性を大きく広げてくれた
佐藤医院を丸ごと使った「旅カフェ」のイベント
体験記事を書いてくれたお客様もいっぱい。
ココにも
IMG.jpg

そしてまだ記憶に新しい 真冬に敢行した挑戦的イベント
10483853_683757195073237_6180497474815953590_n.jpg


どんなイベントって?こんな感じでした

DSCN1275.JPG

これまで一つの点でしかなかった佐藤医院が、
多くの方々と出会い、導かれ、点と点が繋がり、拡がっていった年だったと感じます。
そのネットワークの一員として、刺激的な活動を体験できた素晴らしい一年でした。

今年はさらにその関係を深めつつ、多様な協働活動を
ワクワクしながら創っていきたいと思っています。

本年もどうぞよろしくお願いします。

posted by tsukada at 14:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 活動記録

2014年11月02日

冬支度’2014

DSCN1161.JPG


初雪が降り、ここ、北海道の北部では、朝晩だけでなく日中でも
ストーブの暖かさが恋しい季節になってきました。
間近にやってくる冬支度の始まりです。

旧佐藤医院も、恒例の冬囲いが行われました。
いつものメンバーが「そろそろだね」と声を掛け合って
晩秋の佳き日に、冬囲いを完了してくれました。

DSCN1158.JPG

DSCN1160.JPG


毎年毎年繰り返されるこの作業。
四季の移ろいと共に生きている
人間の「営み」をしみじみと実感します。

冬支度が完了すると、今期の活動もそろそろ終了です。

DSCN1166.JPG

今年も多くの皆様のおかげで、思いがけない活動を
展開していくことが出きました。
冬の休眠は、新たな息吹のための大切なとき。
たっぷりと充電して、新しいどんな展開にも対応していけるよう
心身のエネルギーを蓄えたいと思います。

DSCN1153.JPG

積雪に備えて、軒下の補修も怠りなく。


posted by tsukada at 09:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 活動記録

2014年09月22日

旅するカフェ Vol.1 in 旧佐藤医院


平成26年9月26日(日)11:00〜17:00

佐藤医院の建物を丸ごと使ったコラボイベント
旅するカフェが開催されました。

ネットや紙媒体での周知もあって、当日の佐藤医院は
未だかつてない賑わい。
普段、人一人通るのにほどよいスペースのはずの廊下が
行き交う人たちでぎゅうぎゅう詰めになる大混雑ぶりでした。

当日は、こんな可愛い会場案内図まで作っていただいて
お客様には、迷わず(?)会場内を散策していただけたかな‥w

IMG_0001.jpg

お天気にも恵まれ、各部屋に設けた飲食・休憩スペースには
思い思いに談笑する人たちがたくさん。
なかでも、活かす会でもいち推しだった縁側スポットは
柔らかな陽射しに包まれながら石庭「松韻庵」を眺められる
大人気の癒し空間となっていました。

DSCN0898.JPG

梨の花さん のスープ販売コーナー
DSCN1099.JPG

その奥に
パン工房 羊と雲とさんのパン売り場 
オーガニック珈琲と雑貨nido さんのカフェコーナーへと続きます。

DSCN1100.JPG
食工房ORTO(おると)さんのランチボックス販売コーナー/準備中です。

DSCN1104.JPG
simple さんの和雑貨販売コーナー
丸いちゃぶ台が、お部屋に似合いすぎてる!

同じお部屋で梨の花さんの雑貨コーナー
DSCN1103.JPG

13:30〜と15:00〜 三木多恵子さんのファゴット生演奏

盛りだくさんのプログラムのなかで、会場は終始人が溢れ、最終的に約200名近くの
お客様が、この小さな朝日のまちに足を運んで下さいました。

コンテンツの良さとクチコミの力によって、はるばる人は、やってきてくれるんだなぁ‥と
改めて感じた今回の企画でした。

企画してくれた旅カフェの皆さん、訪れてくれたお客さま、そしてこの出会いを導いてくれた
全ての方々に感謝の気持ちでいっぱいです。〜ありがとうございました〜

最後に、関係スタッフ一同で記念写真。

親戚の集まりのような集合写真で、発した言葉は
「お腹空いた〜!」

10699310_589046557884208_198118651_n.jpg
確かにw

お疲れ様でした!!





posted by tsukada at 11:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 活動記録

2014年09月15日

面白人間フェスタ「鯨井会」〜 at 旧佐藤医院

H26年9月13日〜14日

面白人間ネットワークさんの主催で
鯨井さんを囲む宴が、旧佐藤医院を会場に行われました。

たびたび旧佐藤医院を訪れては、まちの魅力、建物の魅力など様々な記事を
書いて発信してくれていた鯨井啓子さんですが、
地域起こし協力隊の任期を満了して、
9月いっぱいで士別市を去る鯨井さんをぜひとも激励・送別したいと、近隣各地から20人以上の
方たちが参加しました。
人と人、人と場所とを繋いで、文字通り地域を掘り起こしてくれた鯨井さんの求心力ならではの
多種多様な方たちが、続々旧佐藤医院に集まってきました。
普段佐藤医院の存在は知っていても、訪れたことはなかった人、全く存在も知らなかった人、
様々な人に佐藤医院のことを知ってもらいたいという意図をもって、この場所を会場にして
下さった主催者さんの配慮に感謝します。

DSCN1084.JPG

宴の会場は、和室三部屋をひと続きに。
少人数にも、大人数にもその場でフレキシブルに対応できる
和室って改めて、イイですね〜

DSCN1087.JPG

おもてなしメニューは、朝日自慢の郷土料理「笹寿司」(必須!!w)
&「まるみ」さんの焼き鳥&お隣「かわ井」さんの特製オードブル。
採れたて枝豆やゆでとうきびなどが、所狭しと多彩に並びます。

DSCN1086.JPG

普段あまり接する機会のない若い方たちの熱気や発想に触れ、
脳みそが一段と活性化したような気がします。


posted by tsukada at 10:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 活動記録

2014年06月10日

女性サロンの開催〜at 佐藤医院


6月10日(火)9:00〜旧佐藤医院の和室にて
知恵の蔵運営委員会の『女性サロン』が開催されました。

いつもは郷土資料室で行われるサロンですが、知恵の蔵運営委員会発行の
『おすすめマップ』で紹介されている旧佐藤医院に、実際に足を運んでみよ
うという試みから、会場を移動しての開催です。

DSCN0661.JPG

残念ながらシャクナゲの見頃は終わってしまいましたが、
縁側を開け放つと涼しい風が通り抜ける和室は、今の季節は
大人の女子会にはもってこいの気持ちの良い空間です。

DSCN0760.JPG

テーマは特に決めないで、思いつくままに会話を楽しむ、まさに「女子会」w
話題は、子供時代のお祭り事情から、衣類事情〜家族の衣類も、毛糸を紡ぐ
(羊を飼って!)所から始まる手作りが当たり前。それはそれは賑やかだった
職域運動会や演芸会の話題、地域で圧倒的な数を誇っていた「婦人会」の活動
事情〜中でも婦人会内部の「若妻会」には年齢制限はなく、文字通りの二十歳
の若妻から果ては80代まで、全て「若妻」だったという話に大爆笑したり、

DSCN0763.JPG

お茶と、運営委員Aさん差し入れのちらし寿司を囲んで、話題は縦横に尽きることなく、
予定した時間はあっと言う間に過ぎました。

DSCN0766.JPG

posted by tsukada at 17:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 活動記録

2014年05月05日

冬囲い 外しました

遅い雪融けもようやく終わりを告げ
世の中全体が、春の芽吹きに合わせて、
一斉に動き出した感じのする北海道のGWです。

春の佳き日
メンバーの皆さんと
冬囲いの片付け作業を一気に始めました。

まだ肌寒さの残る毎日ですが
今年も連休明けの土曜日から活動開始すべく
着々と準備が進められています。

DSCN0672.JPG
posted by tsukada at 13:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 活動記録

2014年05月01日

活かす会だより 発行しました

平成26年度 始動にあたり
これまでの活動報告として 「活かす会だより」を発行しました。

IMG.jpg

IMG_0001.jpg
posted by tsukada at 09:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 活動記録