CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2008年06月10日

周知文

地域活性化プロジェクト R(ラウンド)-1

 「あさひ郷土の資源を活かす会」を発足しました。

「郷土の資源」とは何でしょう?〜
ヒトもいない・カネもない・立派なモノもありゃしない‥?
そして、地方は衰退していくしか道は無いのでしょうか‥?

過疎化が進もうと、少子高齢化が進もうと
合併し、地域経済がじわじわと逼迫しようと
それでも人が住み、生活があり、コミニュティが存在する限り
そこには、朝日の、朝日にしかない、「人」と言う資源があります。

旧「佐藤医院」をご存じでしょうか?
たぶん‥朝日町に住む人なら、誰も知らない人はいないのではないかと思われる建物。
つまりそれだけで、朝日町のランドマークともなり得る社会資源だと思います。
この旧佐藤医院を、
このまま放置し、やがて朽ち果ててしまうに任せるのは忍びなく
所有者である佐藤氏の了解を得て
このたび、「あさひ郷土の資源を活かす会」を発足いたしました。

まずは、はじめの一歩。
ここを活動拠点とするべく
有志による、掃除・補修・復旧活動を行います。

営利目的ではありません。
誰かのため‥というボランティアでもありません。
そのどちらか、なのではなく。
ただ
なんとかしたい!!という想いで人が集まるところには、
アィディアが生まれ、知恵と工夫が育ち、行動が起こり
活気が生まれ、そして何かが始まるものだと信じています。

この活動のためには、水道・電気等のライフラインの使用料金。
お掃除や、補修をするための道具や、材料や、労力。
広く皆さんに活動を知っていただくための広報活動‥

そのための資金を必要とします。

この会は、
     会に賛同して加入してくださる方の「会費」と
     会に賛同してくださる方の「寄付金」と
     会に賛同して様々な労力や情報や物品を提供してくださる方の
「支援」で 成り立ちます。

この会の趣旨に賛同、もしくは興味・関心をお持ちの方は
メールにてお問い合せ下さい。
(注:必ずメールでのお問い合わせをお願いします)
どうぞ、一人でも多くの方々のご賛同、ご支援をよろしくお願いいたします。

 「あさひ郷土の資源を活かす会」
  代表事務局 塚田 郁子

この記事へのコメント
コメントを書く
トラックバックの受付は終了しました

この記事へのトラックバック

NPOブログ記事の読み比べ評価!: 地場産業保護/再生 by Good↑or...
Excerpt: 「地場産業保護/再生」に関する社会貢献活動で、みんなの参考になりそうなブログ記事を集めています。自薦による...
Weblog: NPOブログ記事の読み比べ評価!(投稿募集中)by Good↑or Bad↓
Tracked: 2008-06-18 10:41