CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2021年02月22日

いのちの池復活プロジェクト 〜健次郎先生からのメッセージ〜

浅江小の正門を入るとすぐに『いのちを大切に 光れ!輝け!浅江っ子』の像があります。
子どもたちは『いのちの池』と呼んでおり、現在はカメがいます。朝や休み時間には、いつも子どもたちが集まってくる場所にもなっています。
この『いのちの池』ですが、水がもれており修繕が必要な状況となっています。
環境委員会が中心になり、なんとかしたいという子どもたちの思いから、募金の呼びかけ等を行うことになりました。
その中で、どうしてこの『いのちの池』ができたのか、当時校長先生でおられた、山本健次郎先生に来ていただいて、当時の思い等を話していただきました。
今から30年以上前、自分のいのち、友達のいのちを大切にしてほしい、物を大切にしてほしい、そして、浅江っ子一人ひとりがいいところがあるのだから、そこを伸ばして光り輝いてほしい、当時の先生たちや保護者、地域の思いから、『いのちを大切に 光れ!輝け!浅江っ子』というスローガンが生まれ、この池が完成したそうです。
30年以上、浅江小のスローガンとして大事にされてきた『いのちを大切に 光れ!輝け!浅江っ子』の言葉。そして、浅江っ子が大好きで集まっていた、生き物が住んでいる『いのちの池』。
これからもその思いを胸に、大事にしていきたいと思います。

5.jpg

1.jpg

3.jpg

2.jpg




posted by 和田 at 10:03 | 浅江小学校の様子

PAGETOP.jpg