CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2021年09月11日

人権教育学習日(きく・さくら組)

きく1組(低学年):学活「こんな時、何と言う」
 生活場面で困っている様子が描かれた絵カードを見て、「どんな声をかけたらいいかなあ」と担任が問いかけに対して、自分で考えた言葉を発表していました。
「『だいじょうぶ?』と言います。」「『痛くない?』と言います。」など、温かい言葉を見つけていました。これも、子どもたちが、普段の生活の中から得ることができているからだと思います。日々の生活の中で、多くのことを経験して、それがよい体験となっているのだと思います。

さくら1組(低学年):自立活動「相手に合わせる魔法」
 まずは、テレビで資料を見て、相手に合わせるとはどういうことかを学習しました。そのことを友達と実際にやってみて、合わせるためには「前の人をよく見て、鏡のように同じように動くこと」「声を掛け合うこと」「スピードを合わせること」「1・2、1・2と声を掛け合うこと」などに気がつくことができ、友達と合わせることの心地よさを感じていました。

さくら2組(低学年):自立活動「いちばん うれしいこと」
 やなせたかしさんのお話から、「人は何が一番うれしいか」を考えることができました。例えば、「困っている人を助けてあげる。」「声をかけてあげる」「お家の人の手伝いをして、楽にしてあげる。」など、友達や家族のことを思い浮かべながら、自分が何をすれば、周りの人たちが喜んでくれるのか、役に立てるのかをしっかりと考えていました。

きく2組(高学年):道徳「すてきなところを見つけよう」
 「すてきなところを見つけよう」という学習をしました。友達や先生に自分のよさを見つけてもらい、とてもうれしそうにしていた子どもたち。最後に保護者の方に書いていただいていたよいところカードを受け取った子どもたちの喜びもマックスに!涙を流して喜んでいた子もいました。子どもたちにとっては、改めて自分のよさに気付き、自信につながる時間となったと思います。


さくら3組(高学年):自立活動「感謝の気持ち」
 「感謝の気持ち」という学習をしました。昨年度お世話になった藤井祐真生から手紙が届きました。みんなの成長をちがう場所から応戦してくれている先生。そんな先生にお礼の返事を書こうと投げかけたところ、子どもたちは、動画や写真などでお礼を伝えたいと考え、実際にメッセージ動画を撮影したり、自分が作った作品紹介をする写真をとったりしました。自分ができる方法で感謝の気持ちを伝えようとすることができた子どもたちの姿がとても素敵に見えました。

DSC04570.JPG

DSC04576.JPG

きく@.jpg

IMG_2959.JPG

IMG_2964.JPG
posted by 和田 at 19:37 | 浅江小学校の様子

PAGETOP.jpg