CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 2022年03月 | Main | 2022年05月»
<< 2022年04月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新記事
カテゴリアーカイブ
最新コメント
T.Hayashibara
魚へんの漢字 (03/27) T.Hayashibara
「海底遺跡 新時代」 (03/27) T.Hayashibara
岩淵聡文著『文化遺産の眠る海 水中考古学入門』 (03/27) T.Hayashibara
公開された「神奈川台場」を見てきました (03/27) T.Hayashibara
東京駅・丸の内駅舎の復原 (03/27) T.Hayashibara
和賀江島と座礁 (03/27)
「海底遺跡 新時代」 (09/06) 山本
魚へんの漢字 (08/05) 斎藤 敏行
和賀江島と座礁 (07/29) 安田冨郎
東京駅・丸の内駅舎の復原 (07/08)
最新トラックバック
犬山城 (01/22)
https://blog.canpan.info/ariua/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/ariua/index2_0.xml
第2回 うみラボOnline講演会 水中遺跡に係わる法律をみんなで考えよう! [2022年04月09日(Sat)]
会員の中田達也さんが,「水中遺跡に関する日本の法律についてー条約との関係は?」をテーマに講演会をされます.

水中遺跡(水中の文化遺産)やその調査(とくに海では)に関しては,
陸上とは異なり,さまざまな権利や法律が存在し,
他国との調整が必要なばあいもあります.

その複雑さは,調査に臨む際に,担当行政でさえも混乱をみせる状況です.
このことについて,この分野の第一人者として研究活動をされている中田さんが,研究者以外の方にもわかりやすく解説していただけるものと思います.

なかなか聴くことのできないテーマです.
水中の文化遺産に関する法律について,考えてみる良い機会でもあるので,
海に関心のある方にはぜひ参加していただき,
水中の文化遺産の理解を深めていただきたいと,思います.


第2回 うみラボOnline講演会 水中遺跡に係わる法律をみんなで考えよう!

講 師:中田達也(神戸大学大学院 海事科学研究科附属国際海事センター 准教授)
日 時:2022年4月14日(木) 19:30〜21:00
形 式:オンライン
参加費:無料 
 ※ 要事前登録
 ※ 講演後,講師とのディスカッションあり


詳細は,一般社団法人 うみの考古学ラボのH.P.を参照してください.
https://www.umilabo.or.jp/crowdfunding2022/
Posted by T.Hayashibara at 10:01 | 講演 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)