CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 2020年12月 | Main
<< 2021年01月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
最新記事
カテゴリアーカイブ
最新コメント
T.Hayashibara
魚へんの漢字 (03/27) T.Hayashibara
「海底遺跡 新時代」 (03/27) T.Hayashibara
岩淵聡文著『文化遺産の眠る海 水中考古学入門』 (03/27) T.Hayashibara
公開された「神奈川台場」を見てきました (03/27) T.Hayashibara
東京駅・丸の内駅舎の復原 (03/27) T.Hayashibara
和賀江島と座礁 (03/27)
「海底遺跡 新時代」 (09/06) 山本
魚へんの漢字 (08/05) 斎藤 敏行
和賀江島と座礁 (07/29) 安田冨郎
東京駅・丸の内駅舎の復原 (07/08)
最新トラックバック
犬山城 (01/22)
https://blog.canpan.info/ariua/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/ariua/index2_0.xml
「水中考古学」のオンラインセミナーが開催されます [2021年01月06日(Wed)]
「水中考古学」のオンラインセミナーが開催されますので,紹介します.

セミナー名 :水中考古学入門 〜海に眠る歴史を紐解く〜
使用オンライン会議ツール:Remo Comference
日 時   :2021年1月15日(金) 19:15〜20:15
セミナー内容
・水中考古学とは?
・水中の遺跡とは?
・沈没船遺跡
・水中考古学の歴史
・世界の水中考古学プロジェクト
・トレジャーハンターとは?
・ダイバーの役割
  @遺跡の発見
  A遺跡の発掘
  B遺跡の保護
・欧米の考古学者とダイバーの協力体制の事例
・日本の水中考古学

セミナーは,1月15日(金)〜17日(日)に開催される
"Online Diving Expo2021" のイベントのひとつです.

講師は,東京海洋大学大学院の非有常勤講師も務める
山舩晃太郎さんです.

「水中考古学」をわかりやすく解説してくれるものと思います.
また,ダイバーと「水中考古学」とのかかわりについても触れられるようです.

「水中考古学」に関心のある方には,参加をおすすめします.

参加費は無料ですが,事前申し込みが必要です
詳細については,Online Diving Expo2021のH.P.でご確認ください.
https://peatix.com/event/1748187/view
https://onlinedivingexpo.com/event/752?fbclid=IwAR3Rilp3gn2Q4ONSGwSlhDAOAAbvqpWlzUM-K5ip-kYepSXD1EE2Q6OUdrU
Posted by T.Hayashibara at 20:57 | セミナー | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)