CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 2012年07月 | Main | 2012年09月»
<< 2012年08月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
最新記事
カテゴリアーカイブ
最新コメント
T.Hayashibara
魚へんの漢字 (03/27) T.Hayashibara
「海底遺跡 新時代」 (03/27) T.Hayashibara
岩淵聡文著『文化遺産の眠る海 水中考古学入門』 (03/27) T.Hayashibara
公開された「神奈川台場」を見てきました (03/27) T.Hayashibara
東京駅・丸の内駅舎の復原 (03/27) T.Hayashibara
和賀江島と座礁 (03/27)
「海底遺跡 新時代」 (09/06) 山本
魚へんの漢字 (08/05) 斎藤 敏行
和賀江島と座礁 (07/29) 安田冨郎
東京駅・丸の内駅舎の復原 (07/08)
最新トラックバック
犬山城 (01/22)
https://blog.canpan.info/ariua/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/ariua/index2_0.xml
日本は遅れている? [2012年08月29日(Wed)]
「日本の水中考古学は,欧米はもとよりアジアのなかでも遅れている」
ということをよく耳にします.

たしかに,先日ものblogでも書いたように,
公立の水中文化遺産を調査・研究できる機関,
あるいは水中文化遺産に関する専門の博物館はありません.
関連法およびその運用も十分とはいえません.

この点からは,それらを持っている中国・韓国をはじめとした,
他のアジアの国々より,遅れているのかもしれません.

このように,環境・制度面からみれば,「日本は遅れている」といえます.

ただし,このことのみで「日本は遅れている」といえるのでしょうか?
私は,そうは思いません.

日本の考古学は,
遺跡(遺構・遺物)の調査・研究方法,成果,
遺跡の保存・活用,遺物の保存処理,
法制度や行政の取り組み,
など,どれをとってもアジアはもとより,世界でもトップレベルです.

考古学の一分野である「水中考古学」も,同様です.
これまでの調査内容や成果をみれば,それは明らかです.
けっして,「遅れた」ものではありません.

ただし,水中文化遺産の未周知から,実践する機会に恵まれない,ということはあります.
このことが,環境の未整備をもたらしていますので,
「遅れている」ととらえられているのかもしれません.


また,何回も触れていますが,
「水中考古学」が「考古学」とは違う学問であると,
とらえられていることも,その原因といえるのかもしれません.

「水中考古学」を実践するためには
特別な施設や機関,
特別な調査方法や研究方法,
特別な制度,
など,「特別なこと」が必要
という先入観や偏見もあるのでしょう.

先入観」と「偏見」,手ごわいです.

この「先入観」や「偏見」をリセットして,
日本の「水中考古学」を今一度,見直してみてください.


けっして「遅れている」とは言えないこと,
は,お分かりになるものと思います.
それとともに,今,日本の「水中考古学」に必要なことも.