CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 展覧会 | Main | 成果物»
<< 2021年04月 >>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
最新記事
カテゴリアーカイブ
最新コメント
T.Hayashibara
魚へんの漢字 (03/27) T.Hayashibara
「海底遺跡 新時代」 (03/27) T.Hayashibara
岩淵聡文著『文化遺産の眠る海 水中考古学入門』 (03/27) T.Hayashibara
公開された「神奈川台場」を見てきました (03/27) T.Hayashibara
東京駅・丸の内駅舎の復原 (03/27) T.Hayashibara
和賀江島と座礁 (03/27)
「海底遺跡 新時代」 (09/06) 山本
魚へんの漢字 (08/05) 斎藤 敏行
和賀江島と座礁 (07/29) 安田冨郎
東京駅・丸の内駅舎の復原 (07/08)
最新トラックバック
犬山城 (01/22)
https://blog.canpan.info/ariua/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/ariua/index2_0.xml
2011年度第4回日本財団助成事業推進全体会議および編集会議が開催されました [2011年07月31日(Sun)]
本年度4回目の日本財団助成事業推進全体会議および編集会議が、
30(土)・31日(日)の2日間にわたり,福岡市で開催されました。


今回の会議では、
各海域から『海の文化遺産データーべース』および『水中遺跡地図』に掲載される詳細データーが提出され、
公開・編集に向けての具体的な作業をおこないました。
また,『調査報告書』の内容についても検討がなされました.

このほか、
再来月(9月)に開催される沖縄で海底遺跡見学会10月のシンポジウムについての報告、
東京での企画展、シンポジウムの内容検討等がなされました。

東京での企画展およびシンポジウムのテーマ、開催場所、開催日・期間は以下の通りです。
なお、詳細については、あらためてお知らせします。

共通テーマ: 海のタイムカプセル−水中考古学からのおくりもの−

企画展
開催場所: 東京海洋大学・越中島キャンパス 越中島会館・特別展示室
開催期間: 2012年2月15日(水)〜3月25日(日)

シンポジウム
開催場所 :東京海洋大学・越中島キャンパス 越中島

伊豆大島と初島で調査をおこないました [2011年07月18日(Mon)]
7月17日〜18日に、伊豆大島(東京都)と初島(静岡県熱海市)で情報収集・現地確認のための調査をおこないました。

アンケート調査で寄せられた情報を
現地のかたに、直接お会いして話しを聞くこで、
複数の有益な情報を得ることができました
また、現地の海況や海辺の地形も確認してきました。

台風接近のために、海況が心配されましたが、
大きな影響もなく、無事に調査を終えることができました。

調査に参加された方々、お疲れさまでした。


                大島・砂の浜


          初島・下古路山前の海岸
2011年度第3回日本財団助成事業(太平洋海域)推進会議が開催されました [2011年07月17日(Sun)]
今日(7月16日)に、
2011年度第3回日本財団助成事業(太平洋海域)推進会議が、
東京海洋大学・越中島キャンパスで開催されました。

今年度開催する企画展、シンポジウムおよび報告関係について、
話し合われ、活発な意見交換がなされました。

土曜日の暑いなか、
参加された皆さん、お疲れさまでした。

千葉県・房総半島南部で2回目の調査をおこないました。 [2011年07月10日(Sun)]
昨日(7/9)は、関東地方も梅雨が明けましたね。
非常に暑い一日でした。

そのなか、千葉県・房総半島南部(館山市・南房総市周辺)で調査をおこないました。

今回は、先週訪れた館山市沖ノ島遺跡と栄ノ浦遺跡(海岸)について、
両遺跡の発見者である方宅で採集資料を見せていただくとともに、
現地を案内していただきました。

               栄ノ浦海岸

沖ノ島遺跡の遺物の内容(縄文時代早期の土器・石器および海獣類の骨)の豊富さに驚くとともに、
遺跡の周知や保護の在り方にも考えさせられました。

このほか、南房総市千倉町沖で、
1780(安永9)年に座礁・沈没した清国船・元順の座礁・沈没地区および
「清国元順遭難救助の碑」(1980年建立)も踏査・見学をしました。

           「清国元順遭難救助の碑」

参加された皆さま、お疲れさまでした
千葉県・房総半島南部で調査をおこないました [2011年07月03日(Sun)]
今日(7/3)、千葉県・房総半島南部(館山市周辺)で調査をおこないました。

関東では数少ない潮間帯〜海底にかけて所在する沖ノ島遺跡(縄文時代早期の沈降遺跡)、
遺物散布情報のあった海岸
海蝕洞穴遺跡
を踏査しまし、
博物館では関連情報の収集をおこないました。

           沖ノ島遺跡の所在する海岸

少し暑かったですが、天気にも恵まれ、無事に調査を終えることができました。

海岸には、強い日差しのもと、
海水浴を楽しんでいるひとも多く、
早くも夏の景色でした。
2011年度3回日本財団助成事業推進全体会議・水中文化遺産委員会が開催されました [2011年06月26日(Sun)]
本年度3回目の日本財団助成事業推進全体会議および水中文化遺産委員会が、
25(土)・26日(日)の2日間にわたり,福岡市で開催されました。

今回の会議では、
各海域での調査により選出された水中文化遺産についての報告
および、それにたいする評価の水中文化遺産委員会で検討していただきました。

また、今年度に実施する
沖縄でのシンポジウム、海底遺跡見学会
東京での企画展、シンポジウム
の実施日や内容についての提案・検討がなされ、
実施要綱が決まりました

これらの詳細については、あらためてお知らせさせていただきます。


北海道・道南地方で調査をおこないました [2011年06月21日(Tue)]
18日〜20日にわたり、北海道・道南地方で調査をおこないました。
調査は、「海の文化遺産総合調査プロジェクト」東日本太平洋沿岸域の一環として実施したものです。

調査では、函館市・北斗市・木古内町の博物館・資料収蔵施設や海岸・関連遺跡を巡り、
地元の文化財担当者から関連情報についての話しを伺いました。

館跡(たてあと.中世道南地方領主の城跡)や幕末榎本艦隊関連をはじめとして、
多くの情報を得ることができました。


        茂別館跡(後方の丘陵)と前面の海岸


      海底から引揚げられた錨の実測のようす
昨日の読売新聞の記事 [2011年06月09日(Thu)]
昨日(6月8日)の読売新聞・朝刊に、
昨年度、小田原市石橋で実施した江戸時代の石丁場関連遺跡を対象とした潜水調査に関連する記事が掲載されていました。

石丁場関連遺跡は,記事にも書かれているように、
水中での考古学的成果が、陸上の成果とリンクできる好事例です。
水中考古学をアピールするためにも良い機会・フィールドでもあります。

その意味でも記事として水中での成果を紹介してもらうことは、
水中考古学が単に沈没船の考古学ではない
(普通の)考古学の一分野であることを知ってもらうにも意味のあることと思います。

皆さん、ぜひ読んでみてください。

また、11日から江戸東京博物館で始まる
発掘された日本列島2011」では、
瀬戸内海から玄界灘に点在する大坂城関連の石丁場跡に関する展示があるそうです。
2011年度第2回日本財団助成事業推進全体会議が開催されました [2011年05月22日(Sun)]
本年度2回目の日本財団助成事業推進全体会議が、
21(土)・22日(日)の2日間にわたり,福岡市で開催されました。

3カ年事業のまとめとなる
・水中文化遺産データーベース
・水中文化遺産地図
・水中文化遺産調査報告書
の刊行・公開

沖縄での
・海底遺跡見学会
・シンポジウム
開催

東京での
・企画展
・シンポジウム
開催

という今年度の柱となる事業の検討がなされました。

沖縄・東京での事業については、
日程・詳細が決定次第,お知らせします。

2011年度第1回ARIUA関東・東北会員連絡会 兼 日本財団助成事業(太平洋沿岸海域調査)推進会議が開催されました [2011年05月16日(Mon)]
昨日(15日)、東京海洋大学越中島キャンパスで、
今年度度第1回ARIUA関東・東北会員連絡会 兼 日本財団助成事業(太平洋沿岸海域調査)推進会議が開催されました。

九州から理事長と理事2名にも参加して、
今年度事業の説明・内容確認およびそれらにたいする意見交換をしました。

後半には、外部講師をお招きして講演会もおこいました。

参加された皆さま、お疲れさまでした。