CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
«NHKスペシャル | Main | とよはし歴史座「東海地方と水中の文化遺産」»
<< 2019年11月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新記事
カテゴリアーカイブ
最新コメント
T.Hayashibara
魚へんの漢字 (03/27) T.Hayashibara
「海底遺跡 新時代」 (03/27) T.Hayashibara
岩淵聡文著『文化遺産の眠る海 水中考古学入門』 (03/27) T.Hayashibara
公開された「神奈川台場」を見てきました (03/27) T.Hayashibara
東京駅・丸の内駅舎の復原 (03/27) T.Hayashibara
和賀江島と座礁 (03/27)
「海底遺跡 新時代」 (09/06) 山本
魚へんの漢字 (08/05) 斎藤 敏行
和賀江島と座礁 (07/29) 安田冨郎
東京駅・丸の内駅舎の復原 (07/08)
最新トラックバック
犬山城 (01/22)
https://blog.canpan.info/ariua/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/ariua/index2_0.xml
岩淵聡文さんがライデン大学東京事務所の特別講座で講演をされます [2019年08月29日(Thu)]
岩淵聡文さん(ARIUA理事・東京海洋大学教授)が,ライデン大学東京事務所の特別講座で講演をされます.

講 演:『オランダ文化庁(RCE)の海事プログラム』
日 時:2019年10月24日(木) 14:00−16:00
会 場:ライデン大学東京事務所内会議室
定 員:30名(事前申し込み制)
費 用:3,000円
その他:質疑応答・意見交換などのほか,講師を囲んだ懇談会があります.

2017年からオランダ文化庁と東京海洋大学の共同で開始された北海道木古内町沖での咸臨丸の調査についても触れられるそうです.
興味がある方は,ぜひ参加を考えてみてください.
詳細については,ライデン大学東京事務所のH.P.で確認してください.
http://www.luot.jp/seminar.html
Posted by T.Hayashibara at 23:07 | 講演 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
トラックバック
ご利用前に必ずご利用規約(別ウィンドウで開きます)をお読みください。
CanpanBlogにトラックバックした時点で本規約を承諾したものとみなします。
この記事へのトラックバックURL
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
トラックバックの受付は終了しました

コメントする
コメント