CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
«日比谷カレッジ「海に沈んだ歴史と宝物-水中考古学の魅力」 | Main | 2016年度・第2回 アジア水中考古学研究所・東日本会員連絡会(水中文化遺産研究報告会)開催のご案内»
<< 2020年04月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
最新記事
カテゴリアーカイブ
最新コメント
T.Hayashibara
魚へんの漢字 (03/27) T.Hayashibara
「海底遺跡 新時代」 (03/27) T.Hayashibara
岩淵聡文著『文化遺産の眠る海 水中考古学入門』 (03/27) T.Hayashibara
公開された「神奈川台場」を見てきました (03/27) T.Hayashibara
東京駅・丸の内駅舎の復原 (03/27) T.Hayashibara
和賀江島と座礁 (03/27)
「海底遺跡 新時代」 (09/06) 山本
魚へんの漢字 (08/05) 斎藤 敏行
和賀江島と座礁 (07/29) 安田冨郎
東京駅・丸の内駅舎の復原 (07/08)
最新トラックバック
犬山城 (01/22)
https://blog.canpan.info/ariua/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/ariua/index2_0.xml
水中文化遺産関連の催し物のご案内です [2016年11月03日(Thu)]
近日中の開催される水中文化遺産関連の催し物を三つご案内します.

一つ目は,今週末に開催される鷹島海底遺跡関連のもの.

シンポジウム
「元寇の島 鷹島を水中考古学の拠点へ」

日 時:11月6日(日) 13:00〜17:00
会 場 :松浦市文化会館 ゆめホール 座席数505席
        長崎県松浦市志佐町浦免110
 申込不要・入場料無料

詳細は,松浦市のホームページでご確認ください.
http://www.city-matsuura.jp/www/contents/1474951959660/index.html


二つ目は,兵庫県たつの市での展覧会.

たつの市立室津海駅館(たつの市御津町室津457)
特別展「播磨灘の考古学〜室津と海に眠る宝もの〜」
期 間:10月25日(火)〜12月4日(日)

播磨灘および周辺の海底や海岸部で見つかった資料を展示しているそうです.
水の子岩海底遺跡の引き揚げ遺物も展示されています.

関連行事して記念講演会も開催されます.

記念講演会「水中考古学からみた播磨灘」
講 師:吉崎 伸(よしざき しん)(NPO法人水中考古学研究所・理事長)
日 時:平成28年12月3日(土) 14:00〜15:30
会 場:たつの市立室津海駅館
 聴講無料・先着30名(入館料は必要)

詳細は,たつの市のホームページでご確認ください.
http://www.city.tatsuno.lg.jp/shakaikyouiku/kikaku_kaiekikan_minzokukan.html


三つ目は,滋賀県長浜市での展覧会.

長浜市長浜城歴史博物館(長浜市公園町10-10)
企画展「琵琶湖の湖底遺跡」
期間:10月17日(月)〜11月27日(日)
 詳細は、博物館のホームページでご確認ください。
http://www.city.nagahama.shiga.jp/section/rekihaku//news/info233/index.html

関連企画として、普段は不定期開館の
葛籠尾崎湖底遺跡資料館が、
11月15日までは毎日開館しているそうです。
小江慶雄先生の尽力で散逸を免れた資料を一同に見ることができます。
http://www.eonet.ne.jp/~biwako/  

関連講座も開催されます.
「琵琶湖の湖底遺跡について」
講 師:中川 永(なかがわ ひさし)(豊橋市文化財センター)
日 時:11月19日(土) 13:30〜
会 場:勤労福祉会館・臨湖(長浜市港町4-9)
 受講料500円・事前申込不要
トラックバック
ご利用前に必ずご利用規約(別ウィンドウで開きます)をお読みください。
CanpanBlogにトラックバックした時点で本規約を承諾したものとみなします。
この記事へのトラックバックURL
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
トラックバックの受付は終了しました

コメントする
コメント