CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
«見学会でのこと 2 | Main | 見学会でのこと 4»
<< 2021年11月 >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
最新記事
カテゴリアーカイブ
最新コメント
T.Hayashibara
魚へんの漢字 (03/27) T.Hayashibara
「海底遺跡 新時代」 (03/27) T.Hayashibara
岩淵聡文著『文化遺産の眠る海 水中考古学入門』 (03/27) T.Hayashibara
公開された「神奈川台場」を見てきました (03/27) T.Hayashibara
東京駅・丸の内駅舎の復原 (03/27) T.Hayashibara
和賀江島と座礁 (03/27)
「海底遺跡 新時代」 (09/06) 山本
魚へんの漢字 (08/05) 斎藤 敏行
和賀江島と座礁 (07/29) 安田冨郎
東京駅・丸の内駅舎の復原 (07/08)
最新トラックバック
犬山城 (01/22)
https://blog.canpan.info/ariua/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/ariua/index2_0.xml
見学会でのこと 3 [2007年09月13日(Thu)]
水中スピーカーは、潜水見学者への音声による解説用に使ってみました。
 使用した水中スピーカーは、水中作業やシンクロスイミングなどで指示をしたりするために使うものと同じものです。
 船上から数m水中に入れ、マイクで話すもので、指向性は全方向、数十m先まで音がとどきます。

 当初は、うまく機能するかどうか、懸念されましたが、当日は問題なく使うことができました。
 やはり、実物の前で音声による解説を聞けるのは、説明をする側,受ける側ともに有効な手段でしたね。
 陸上(遺跡見学会の解説や博物館の展示解説など)では、当たり前におこなわれていることなのですが。
 また、少し音楽も流してみたのですが、これもよかったですね。
 ちょうど、スキー場で音楽が流れているのと同じ感じでした。


  この水中スピーカーのテストをおこなったときに面白いことがありました。
 見学会に先立ちおこなわれた調査でのことです。

 テストを担当したのはプロダイバーのMさん。
 調査地区の近くに船外機船をとめて、スピーカーを水中に入れ、最初はテスト原稿を普通に読んでいたのですが、それが終わると仕事内容の指示やスタッフへの呼びかけなどを始めました。
 そこまでは、スタッフも聞き流しながら普通に作業をしていたのですが、次に、いきなり歌を歌い出したのです
 曲は 千の風になって です。
 いきなりでしたので、一同びっくりです。しかも、●●。
 
 皆のレギュレターからは、一斉にブクッと大きな泡が.
 みんなふいてしまったのです。
 作業が一時中断してしまいました。
 お互いに顔を見合わせながら、水面を見上げてしまいました。

 テストは、成功でしたが、あれにはびっくりしました。
 本当によく聞こえました
 
トラックバック
ご利用前に必ずご利用規約(別ウィンドウで開きます)をお読みください。
CanpanBlogにトラックバックした時点で本規約を承諾したものとみなします。
この記事へのトラックバックURL
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
トラックバックの受付は終了しました

コメントする
コメント