• もっと見る
«今年度の鷹島海底遺跡の調査が始まりました | Main | 鷹島海底遺跡・床浪地区の調査が終了しました»
<< 2023年02月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        
最新記事
カテゴリアーカイブ
最新コメント
T.Hayashibara
魚へんの漢字 (03/27) T.Hayashibara
「海底遺跡 新時代」 (03/27) T.Hayashibara
岩淵聡文著『文化遺産の眠る海 水中考古学入門』 (03/27) T.Hayashibara
公開された「神奈川台場」を見てきました (03/27) T.Hayashibara
東京駅・丸の内駅舎の復原 (03/27) T.Hayashibara
和賀江島と座礁 (03/27)
「海底遺跡 新時代」 (09/06) 山本
魚へんの漢字 (08/05) 斎藤 敏行
和賀江島と座礁 (07/29) 安田冨郎
東京駅・丸の内駅舎の復原 (07/08)
最新トラックバック
犬山城 (01/22)
https://blog.canpan.info/ariua/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/ariua/index2_0.xml
倉木崎海底遺跡でシンポジウムと遺跡見学が開催れます [2015年08月02日(Sun)]
 鹿児島県奄美大島宇検村の焼内湾に所在する倉木崎海底遺跡で,シンポジムと遺跡見学会が開催されます.

 平成27年度 宇検村倉木崎海底遺跡シンポジウム
 KURAKIZAKI2015 −倉木崎海底遺跡の魅力をさぐる−

[シンポジム]
日 時: 2015年8月29日(土) 13:00〜17:00
会 場: 宇検村学習センター 元気の出る館 ホール
 ※入場無料

[遺跡見学会]
日 時: 2015年8月30日(日) 9:30〜12:00
定 員: 30名
 ※船上見学,事前参加申込必要,参加費無料

どなたでも参加できるシンポジムと見学会です.
詳細については,宇検村のホームページでご確認ください.
http://www.uken.net/index.php?oid=694&dtype=1000&pid=208

 倉木崎異性は,水深1〜4mの海底に多数の中国陶磁器片(2世紀後半から13世紀前半の中国南宋時代)が散乱している海底遺跡です.

遺跡の詳細は,
http://www.jomon-no-mori.jp/sensikodai/603.pdf
をご覧下さい.

kurakizakiomote.jpg
Posted by T.Hayashibara at 10:09 | セミナー | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
トラックバック
ご利用前に必ずご利用規約(別ウィンドウで開きます)をお読みください。
CanpanBlogにトラックバックした時点で本規約を承諾したものとみなします。
この記事へのトラックバックURL
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
トラックバックの受付は終了しました

コメントする
コメント