CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
«米海軍横須賀基地内の水中文化遺産 | Main | 水中文化遺産企画展「海のタイムカプセル〜水中考古学からのおくりもの〜」がはじまります»
<< 2021年04月 >>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
最新記事
カテゴリアーカイブ
最新コメント
T.Hayashibara
魚へんの漢字 (03/27) T.Hayashibara
「海底遺跡 新時代」 (03/27) T.Hayashibara
岩淵聡文著『文化遺産の眠る海 水中考古学入門』 (03/27) T.Hayashibara
公開された「神奈川台場」を見てきました (03/27) T.Hayashibara
東京駅・丸の内駅舎の復原 (03/27) T.Hayashibara
和賀江島と座礁 (03/27)
「海底遺跡 新時代」 (09/06) 山本
魚へんの漢字 (08/05) 斎藤 敏行
和賀江島と座礁 (07/29) 安田冨郎
東京駅・丸の内駅舎の復原 (07/08)
最新トラックバック
犬山城 (01/22)
https://blog.canpan.info/ariua/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/ariua/index2_0.xml
初島で,沈没船遺跡を確認しました [2012年02月11日(Sat)]
静岡県熱海市・初島沖で、
江戸時代の沈没船にともなうと考えらる瓦・擂鉢の集積を確認しました。
瓦は,鬼瓦・軒丸瓦・軒平瓦・平瓦を確認しており、
鬼瓦の瓦当には「三葉葵文」が表現されていることから,
江戸城に発注された瓦で、
西国から江戸に向かう途中に沈没した結果の遺跡と考えられます。

調査の成果については2月26日のシンポジウムで報告をし,
引揚げた遺物は2月15日からの水中文化遺産企画展で展示されます。
ぜひ、ご来場ください。
(シンポジウム、企画展の詳細は、このblogの上の記事をご参照ください)

今日の読売・朝日両新聞朝刊で、そのようすが記事になっています。
朝日新聞デジタル版2月11日付けでは、動画を観ることができます。
http://www.asahi.com/national/update/0210/SEB201202100033.html

                        
                      瓦の集積


              瓦当に「三葉葵文」が表現された鬼瓦
トラックバック
ご利用前に必ずご利用規約(別ウィンドウで開きます)をお読みください。
CanpanBlogにトラックバックした時点で本規約を承諾したものとみなします。
この記事へのトラックバックURL
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
トラックバックの受付は終了しました

コメントする
コメント