CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
«沖縄シンポジウム「海に沈んだ歴史のカケラ」が開催されました | Main | 品川歴史館特別展「品川御台場」»
<< 2021年04月 >>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
最新記事
カテゴリアーカイブ
最新コメント
T.Hayashibara
魚へんの漢字 (03/27) T.Hayashibara
「海底遺跡 新時代」 (03/27) T.Hayashibara
岩淵聡文著『文化遺産の眠る海 水中考古学入門』 (03/27) T.Hayashibara
公開された「神奈川台場」を見てきました (03/27) T.Hayashibara
東京駅・丸の内駅舎の復原 (03/27) T.Hayashibara
和賀江島と座礁 (03/27)
「海底遺跡 新時代」 (09/06) 山本
魚へんの漢字 (08/05) 斎藤 敏行
和賀江島と座礁 (07/29) 安田冨郎
東京駅・丸の内駅舎の復原 (07/08)
最新トラックバック
犬山城 (01/22)
https://blog.canpan.info/ariua/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/ariua/index2_0.xml
久米島での海底遺跡見学会のようす(1) [2011年10月11日(Tue)]
9月10日(土)に、沖縄県久米島で:おこなわれた海底遺跡見学会の写真が届きましたので、
当日のようすを紹介させていただきます。

当日は、以下の内容で見学会は実施されました。

12:30 久米島博物館で受付
13:00 開会式 注意事項・日程確認
13:20〜14:00 講習・久米島博物館
    ※久米島の歴史と文化および水中文化遺産と久米島の歴史との関係についての解説

                   講習のようす

移動・関連史跡見学
  天后宮(てんこうぐう):中国の使者を乗せた船が、嵐に遇いそれを助けた功績によって 建立された菩薩堂(沖縄県有形文化財)
  真謝港(まじゃこう):琉球が中国との貿易をおこなううえで重要視していた港

移動・東奥武(オーハ島)
Aコース: シュノーケリングで海底遺跡見学

            ボートから海に入り、見学会のはじまり


           見学のようす(矢印表示のところに遺物があります)

Bコース: 石切場見学ののち、グラスボートで海底遺跡見学

               グラスボートでの見学のようす
トラックバック
ご利用前に必ずご利用規約(別ウィンドウで開きます)をお読みください。
CanpanBlogにトラックバックした時点で本規約を承諾したものとみなします。
この記事へのトラックバックURL
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
トラックバックの受付は終了しました

コメントする
コメント