CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
«第4回水中考古学国際会議がクロアチアで開催されました | Main | 沖縄シンポジウム「海に沈んだ歴史のカケラ」が開催されました»
<< 2021年04月 >>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
最新記事
カテゴリアーカイブ
最新コメント
T.Hayashibara
魚へんの漢字 (03/27) T.Hayashibara
「海底遺跡 新時代」 (03/27) T.Hayashibara
岩淵聡文著『文化遺産の眠る海 水中考古学入門』 (03/27) T.Hayashibara
公開された「神奈川台場」を見てきました (03/27) T.Hayashibara
東京駅・丸の内駅舎の復原 (03/27) T.Hayashibara
和賀江島と座礁 (03/27)
「海底遺跡 新時代」 (09/06) 山本
魚へんの漢字 (08/05) 斎藤 敏行
和賀江島と座礁 (07/29) 安田冨郎
東京駅・丸の内駅舎の復原 (07/08)
最新トラックバック
犬山城 (01/22)
https://blog.canpan.info/ariua/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/ariua/index2_0.xml
沖縄シンポジウムのお知らせ [2011年10月08日(Sat)]
ここはご案内枠です。日々のブログはこの下からです。

明後日[10月8日(土)]、沖縄で
「海の文化遺産総合調査プロジェクト」(日本財団助成事業)関連の
シンポジウムを開催しますので、
お知らせいたします。

沖縄シンポジウム
「海に沈んだ歴史のカケラ〜南西諸島の水中文化遺産の世界〜」
日 時: 10月8日(土) 13:00〜17:00
会 場: 沖縄県立博物館・美術館 博物館講座室
参加費: 無料(事前の申し込みは必要ありません.当日,会場にお越しください)

内 容
[基調講演] 
 林田憲三(ARIUA理事長) 「水中文化遺産の魅力」
 片桐千亜紀(ARIUA) 「南西諸島の文化遺産」

[事例報告]
 渡辺芳郎(鹿児島大学) 「海岸採集遺物から見た島の陶磁器流通」
 渡辺美季(神奈川大学) 「文献からみた海難事件」
 宮城弘樹(ARIUA) 「身近な水中文化遺産と関連文化財〜水底に眠る先人の営み〜」

[シンポジウム]
 「南西諸島における水中文化遺産について考える」
 進 行:宮城弘樹
 パネリスト:金武正紀(貿易陶磁器調査研究所所長)・林田憲三・片桐千亜紀・渡辺芳郎・渡辺美季




 ご不明の点は、ARIUA事務局へお尋ねください。
トラックバック
ご利用前に必ずご利用規約(別ウィンドウで開きます)をお読みください。
CanpanBlogにトラックバックした時点で本規約を承諾したものとみなします。
この記事へのトラックバックURL
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
トラックバックの受付は終了しました

コメントする
コメント