CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
«釧路沖で洋式帆船?の錨発見 | Main | 飛び出せ!科学くん 「157年前!駿河湾に沈んだ“幕末の黒船”大探索スペシャル!」»
<< 2021年04月 >>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
最新記事
カテゴリアーカイブ
最新コメント
T.Hayashibara
魚へんの漢字 (03/27) T.Hayashibara
「海底遺跡 新時代」 (03/27) T.Hayashibara
岩淵聡文著『文化遺産の眠る海 水中考古学入門』 (03/27) T.Hayashibara
公開された「神奈川台場」を見てきました (03/27) T.Hayashibara
東京駅・丸の内駅舎の復原 (03/27) T.Hayashibara
和賀江島と座礁 (03/27)
「海底遺跡 新時代」 (09/06) 山本
魚へんの漢字 (08/05) 斎藤 敏行
和賀江島と座礁 (07/29) 安田冨郎
東京駅・丸の内駅舎の復原 (07/08)
最新トラックバック
犬山城 (01/22)
https://blog.canpan.info/ariua/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/ariua/index2_0.xml
沖縄で海底遺跡見学会とシンポジウムを開催します [2011年09月10日(Sat)]
ここはご案内枠です。日々のブログはこの下からです。

今秋、沖縄で、
「海の文化遺産総合調査プロジェクト」(日本財団助成事業)関連の
水中文化遺産見学会とシンポジウムを開催しますので、
お知らせいたします。

なお,水中文化遺産見学会は、実施地の久米島の方のみが対象となる催しです。

水中文化遺産見学会
日 時:  9月10日(土)[予備日:17日(土)] 12:30〜17:30
場 所:  久米島・東奥武島沖海底遺跡ほか
対 象:  久米島在住の一般・高校生
見学方法:シュノーケル見学,グラスボード見学
定 員:  シュノーケル,グラスボード見学,各20名
参加費: 無料
 ※事前申し込み必要



沖縄シンポジウム
「海に沈んだ歴史のカケラ〜南西諸島の水中文化遺産の世界〜」

日 時: 10月8日(土) 13:00〜17:00
会 場: 沖縄県立博物館・美術館 博物館講座室
参加費: 無料(事前の申し込みは必要ありません.当日,会場にお越しください)

内 容
[基調講演] 
 林田憲三(ARIUA理事長) 「水中文化遺産の魅力」
 片桐千亜紀(ARIUA) 「南西諸島の文化遺産について」

[研究報告]
 渡辺芳郎(鹿児島大学) 「海岸採集遺物から見た陶磁器の流通」
 渡辺美季(神奈川大学) 「(仮題)文献からみた船舶座礁の記録と対応」
  ※ほか2題予定

[シンポジウム]
 「南西諸島文化遺産の世界」



 見学会・シンポジウムともにご不明の点は、ARIUA事務局へお尋ねください。
トラックバック
ご利用前に必ずご利用規約(別ウィンドウで開きます)をお読みください。
CanpanBlogにトラックバックした時点で本規約を承諾したものとみなします。
この記事へのトラックバックURL
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
トラックバックの受付は終了しました

コメントする
コメント