• もっと見る
«北海道・道南地方で調査をおこないました | Main | 2011年度3回日本財団助成事業推進全体会議・水中文化遺産委員会が開催されました»
<< 2023年02月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        
最新記事
カテゴリアーカイブ
最新コメント
T.Hayashibara
魚へんの漢字 (03/27) T.Hayashibara
「海底遺跡 新時代」 (03/27) T.Hayashibara
岩淵聡文著『文化遺産の眠る海 水中考古学入門』 (03/27) T.Hayashibara
公開された「神奈川台場」を見てきました (03/27) T.Hayashibara
東京駅・丸の内駅舎の復原 (03/27) T.Hayashibara
和賀江島と座礁 (03/27)
「海底遺跡 新時代」 (09/06) 山本
魚へんの漢字 (08/05) 斎藤 敏行
和賀江島と座礁 (07/29) 安田冨郎
東京駅・丸の内駅舎の復原 (07/08)
最新トラックバック
犬山城 (01/22)
https://blog.canpan.info/ariua/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/ariua/index2_0.xml
「太陽の船」発掘開始 [2011年06月24日(Fri)]
連日の30℃越えで、早くも少しバテ気味です。
まだ,夏前だというのに、夏本番が思いやられます。

さて、昨日の読売新聞・電子版に、
エジプトの「太陽の船」の2隻目の発掘調査が始まった
という記事がありました。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110623-00000952-yom-soci

「太陽の船」は、
「古代エジプト第4王朝(約4500年前)のクフ王の巨大ピラミッド脇に埋まる世界最古級の大型木造船」
です。

その2隻目の発掘作業が23日、首都カイロ郊外ギザで始まったそうです。

調査団長は,吉村作治・早大名誉教授。
復元までをおこなうそうです。
復元までには、4〜5年をようし、総事業費は約10億円だそうです。

すごい規模ですね。
トラックバック
ご利用前に必ずご利用規約(別ウィンドウで開きます)をお読みください。
CanpanBlogにトラックバックした時点で本規約を承諾したものとみなします。
この記事へのトラックバックURL
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
トラックバックの受付は終了しました

コメントする
コメント