CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
«文化審議会が登録有形文化財135件を答申 | Main | 「理事会/日本財団助成事業会議」が開催されました»
<< 2021年01月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
最新記事
カテゴリアーカイブ
最新コメント
T.Hayashibara
魚へんの漢字 (03/27) T.Hayashibara
「海底遺跡 新時代」 (03/27) T.Hayashibara
岩淵聡文著『文化遺産の眠る海 水中考古学入門』 (03/27) T.Hayashibara
公開された「神奈川台場」を見てきました (03/27) T.Hayashibara
東京駅・丸の内駅舎の復原 (03/27) T.Hayashibara
和賀江島と座礁 (03/27)
「海底遺跡 新時代」 (09/06) 山本
魚へんの漢字 (08/05) 斎藤 敏行
和賀江島と座礁 (07/29) 安田冨郎
東京駅・丸の内駅舎の復原 (07/08)
最新トラックバック
犬山城 (01/22)
https://blog.canpan.info/ariua/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/ariua/index2_0.xml
「ぶらタモリ」 [2009年12月18日(Fri)]
毎週木曜日の22時からNHK総合で放映されている「ぶらタモリ」をご存知でしょうか?

タレントのタモリが、毎回、彼の視線・興味の赴くままに、東京近郊の街を歩く、ゆる〜い番組です。
女性アナウンサーと、その街に詳しい方(さまざまな専門家)と3人で歩くのが基本です。
とにかく歩きます。
そして、寄り道をします。

私自身、何度も歩いたおぼえのある場所であっても、
「こんな地形だったんだ」とか、「こんなところもあるのんだ」という新発見をしてしまいます。

ここ3回のテーマは、
台地」・「品川」・「横浜」です。
台地」では、東京都心部の台地のキワ(がけ際)を歩き、がけ際に残る遺跡の紹介もしていました。
(この回には、明治大学の石川先生も一緒に歩かれていました)
品川」では、旧海岸線の説明をし、川を船で下り(歩いていませんが)、海にでて、今も残る台場の石垣に海側からのアプローチもしていました。
横浜」では、象の鼻を起点に、地下に残る遺跡(産業遺産)の紹介横浜の埋め立ての歴史なども説明していました。

東京近郊の地形や文化遺産・町並みの変遷を知ることができる番組です。

ちなみに,再放送は翌週木曜日の16時からされています。

ただし、この番組はNHK制作なのですが、
たぶんに以前紹介した「タモリ倶楽部」の拡大版のような感じがします。
(それほどおちゃらけてはいませんが)
このように感じるのは、私だけでしょうか?



トラックバック
ご利用前に必ずご利用規約(別ウィンドウで開きます)をお読みください。
CanpanBlogにトラックバックした時点で本規約を承諾したものとみなします。
この記事へのトラックバックURL
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
トラックバックの受付は終了しました

コメントする
コメント