CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
«「海の文化遺産総合調査プロジェクト」にともなう日本海沿岸海域での調査状況・10月 | Main | 和賀江島と台風18号»
<< 2021年03月 >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
最新記事
カテゴリアーカイブ
最新コメント
T.Hayashibara
魚へんの漢字 (03/27) T.Hayashibara
「海底遺跡 新時代」 (03/27) T.Hayashibara
岩淵聡文著『文化遺産の眠る海 水中考古学入門』 (03/27) T.Hayashibara
公開された「神奈川台場」を見てきました (03/27) T.Hayashibara
東京駅・丸の内駅舎の復原 (03/27) T.Hayashibara
和賀江島と座礁 (03/27)
「海底遺跡 新時代」 (09/06) 山本
魚へんの漢字 (08/05) 斎藤 敏行
和賀江島と座礁 (07/29) 安田冨郎
東京駅・丸の内駅舎の復原 (07/08)
最新トラックバック
犬山城 (01/22)
https://blog.canpan.info/ariua/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/ariua/index2_0.xml
国道58号線 [2009年11月11日(Wed)]
国道58号線をご存じでしょうか?
鹿児島県鹿児島市と沖縄県那覇市を結ぶ一般国道です。

この国道58号線ですが、地図を見ればわかるように、
鹿児島市と那覇市を結んでいることになっていますが、間には海があります
陸路部分と海上部分がある珍しい国道です。

海上には橋は架けられていませんので、すべての道路がつながっているわけではありません。
実際には、鹿児島市と沖縄本島,そして、その間にある種子島と奄美大島にのみに道路としての国道58号線があります。

海上区間をふくめた総延長は857kmで、日本一長い国道だそうです。
ちなみに、陸上区間は256kmですので、2/3ほどが海ということになります。


      沖縄県内での起点・国頭村奥にある記念碑(Wikipediaより)

まるで、古来からの琉球と九州本土を結ぶ海上交通路をトレースしているような道です。

ただし、今は海上区間にはフェリー便がないところもありますので、すべてのルートをトレースして車移動することはできないそうです。
トラックバック
ご利用前に必ずご利用規約(別ウィンドウで開きます)をお読みください。
CanpanBlogにトラックバックした時点で本規約を承諾したものとみなします。
この記事へのトラックバックURL
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
トラックバックの受付は終了しました

コメントする
コメント
あるくぼーとぴあ さま

コメント,ありがとうございます.
私もその番組を観ました.
「いろは丸」の調査では,文献資料だけでは,わからないが情報数多く得られています.
これこそ,考古学の特性でもあります.
陸上では,あたりまえのことして,認識され,他分野との共同研究もなされています.
このことは,「いろは丸」の例からもわかるように,水中でも変わることはありません.
「水中考古学」ももっと認知されてほしいですね.
そのためにも研究所は,周知に努力してゆきます.
Posted by: はやしばら  at 2009年11月14日(Sat) 15:00

先日、NHKで坂本龍馬の話をやっていた際にいろは丸の現状も放送されてましたね。
Posted by: あるくぼーとぴあ  at 2009年11月13日(Fri) 11:49