CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
«『神秘の海底と湖底』 | Main | みなと-湊・港・水門»
<< 2021年04月 >>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
最新記事
カテゴリアーカイブ
最新コメント
T.Hayashibara
魚へんの漢字 (03/27) T.Hayashibara
「海底遺跡 新時代」 (03/27) T.Hayashibara
岩淵聡文著『文化遺産の眠る海 水中考古学入門』 (03/27) T.Hayashibara
公開された「神奈川台場」を見てきました (03/27) T.Hayashibara
東京駅・丸の内駅舎の復原 (03/27) T.Hayashibara
和賀江島と座礁 (03/27)
「海底遺跡 新時代」 (09/06) 山本
魚へんの漢字 (08/05) 斎藤 敏行
和賀江島と座礁 (07/29) 安田冨郎
東京駅・丸の内駅舎の復原 (07/08)
最新トラックバック
犬山城 (01/22)
https://blog.canpan.info/ariua/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/ariua/index2_0.xml
びわ湖湖底総合科学調査 [2008年12月25日(Thu)]
『神秘の海底と湖底』で報告された1959(昭和34)年の「びわ湖湖底総合科学調査」は,本格調査がはじまった7月からは,そのようすが連日,新聞(京都新聞)に掲載されています

最新鋭の機器のこと,水中テレビが映し出した湖底のこと、記者が実際に潜水して見たこと(湖底漫歩という表現で)や地元の小学生・高校生とその父兄が見学船で見学したことなど、その熱狂?ぶりが記されています。

調査終了後には、一般向けの調査の報告会も開かれています

新聞社主催ということもあったのでしょうが、多くの人に関心をもたれた調査であったようです。
今の「水中文化遺産」調査を取り巻く環境を思うと、何かうらやましい感じもします。
それと同時に、このような状況が結果として、琵琶湖のみの一過性に終わってしまったことは、残念です。

ちなみに、このときに開催された調査報告会は、「水中文化遺産」調査に関するものとしては、国内ではじめてのものなのではないかと思います。
トラックバック
ご利用前に必ずご利用規約(別ウィンドウで開きます)をお読みください。
CanpanBlogにトラックバックした時点で本規約を承諾したものとみなします。
この記事へのトラックバックURL
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
トラックバックの受付は終了しました

コメントする
コメント