CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2009年06月30日

一点の瑕疵(かし)もございません。

この言葉、以前紹介した、[東大生が書いたお役人言葉の謎]にはこう解釈されてる。(^o^;)

<手順通りやったもん!>v(^o^)

そしてこう解説が…。瑕疵とは欠陥のこと、瑕疵担保責任という条文が民法にはがあり 隠れた瑕疵つまり欠陥が後で見つかった場合は過失があろうが無かろうが責任があると明記。(~o~)

例えば不動産売買場合、買った不動産に後で欠陥が見つかれば、この条文の適用だ。(>_<)

つまり、手順通りやればそれだけでいいのだろうか。役人は瑕疵という言葉を過失という意味で使って防御している…だいたいこんな解説であった。(~o~)


手順通りやればそれでいいのか。仕事というのは、特に社会性や公共性の高い仕事というのは手順通りやればそれでいいのだろうか。?( _ ;?

熱意や真剣さの少ない手順というのはいくら代理専門家集団と言えども落とし穴ができてしまう。逆に謙虚さの少ない時は過信を招く。(-.-)


例えば総合病院の専門科、それは縦割りとなりお互いの遠慮となり、縄張りすみわけとなり情報共有のツールはあっても専門以外の医師間の言葉の伝達はちゃんと伝わるのだろうか。と感じてしまうことも。(+。+)


例えば、地方行政。条文化されない慣行慣例というもの。前例がないの言葉の縛り、条文がなければどのようにも運用され、言い逃れもできてしまう 市民は実体のつかめないものに抗議は空回りだろう。と感じてしまうことも。(+。+)


例えば、民間会社、マニュアル書とか手引き書は更新され加筆され時代に合うように作っても やはり仕事や顧客に対する誠意や真剣さがなくば、現場での思考停止、日常的直感も働かなくなるし、顧客の声に馬耳東風、クレームとしか受け取れなくなるのでは。と感じてしまうことも。(+。+)


一体、誰に向き合い話をし話を聞いているのか。と感じてしまうw(゜o゜)w

対話しているのはご自身の過剰自信知識か?手順書か?手引き書?対応マニュアル?それとも…。(ToT)
心を感じない、心を感じない。ってこともありますね確かに。(>_<)皆さんはいかがですか?

うんざりしながらそれでも話しても、話すことさえバカバカしい相手もたまにいましたっけ。(◎o◎)


結局、言葉も心も届く相手には届きますが届かない相手には決して届かないのだろうか??…と。感じてしまうことは過去たくさん。(>_<) 皆さんはいかがでしたか?


誰の何の為の仕事…それはご自身のため…ならばご自身の為ならば相手を見て聞いて手を差し伸べなければご自身の為にならない気もするのですが。程度の問題はあるにせよ。\(^o^)
それよりも別の基準があるのでしょうね……書きません。


これは仕事に限らずのことかも知れませんね (;^_^A

ぱぴー自身の自戒も含め。(^v^)


ぱぴー
posted by ぽこ at 18:47| Comment(0) | (カテゴリなし)

2009年06月29日

ちいさなポエム・ポエム

【みちよぽこ押花詩集 ちいさなポエム・ポエム】


 
【 タイトル: 心の花  花の名前: ストック 】 
  

いつも 同じ道を

いつも 同じ速さで

あるいていると

見つからない

心の花は

                                 ぽこ    
posted by ぽこ at 23:20| Comment(1) | 押花詩集で絆つなぎ

決心

心を決める。腹をくくる。それは願い。自分との闘い。時間との闘い。
困難を蹴散らし ひたすら ひたすら ひたすら ひたすら決めたことに邁進するv(^o^)


決心と決断は意味合いが雲泥の差があるとぱぴーは勝手に思う。
決断は単にその時々の判断を決めるだけのこと…つまり頭であって心がない。(-.-)

決心は何かを棄てなければ何かを切り捨てなければ(-_-;)もちろんリスクも計る。

決心は体力、気力が一番必要。(^o^)

皆さんは過去どんな決心をしましたか。
受験、就職、結婚、独立起業、別れ、白黒のケジメ、やりたいこと…。いろいろでしょうか?(^o^)


1000日の修行をもって初日とするとは先人の言葉。
そんな初心をもち続けるのはなかなか難しいですが、
でも…決心とはそういうものと思う。(~o~)

決心したのなら経験的に、続けることは更なる欲にツナガってくる。
更なる山が見え、平野も見渡せる。ある意味、登山でもある。
楽しむ余裕も必要だろうし本当の楽しさもわかる。
楽しさや充実があるから登山する気が出るとも言える。\(^o^)

決心無しにウワベだけならあまり楽しくないのだろうとさえ勝手にぱぴーは感じてしまう。
それはヤリガイや生き甲斐とも置き換えられるかな?!(o^_^o)

また、決心する、決心したら…タイミングや時期というのもあるはずだ。
本節はもちろん枝葉末節にもポイントのタイミング。
どんなに科学が発達しようが、それはその人それぞれの確信や直感や経験や願いや…
最終的にはそういうのもでしか図れないだろう。
また、情報ばかりに数字ばかりに振り回されるのは決心を前提にした判断が反って鈍り、
決断も実行も押すも引いてみてみるも鈍る危険をはらんでいる。 (o^_^o)

<慎重かつ大胆に 熱き心とクールな頭>とは先人の経済学者の言葉。 (^o^)v


ウワベだけでは跳ね返され、見透かされ、自分を見失う。そして休む時は休む。
どこでも人は休めるはずだ…場所なんか関係ない。(^_-)〜☆


そんな様々な決心を人生において、たぶん人はするのだろう。(^o^)

これから高校野球の甲子園大会予選が始まり、子供の頃から頑張ってきた、
人知れず頑張ってきた、打ち込んできた好きだった野球の季節だ。
球児達は試合に負けてしまうと悔しい涙を流すことだろう。(ToT)
悔しい涙がないのは決心がなかったとさえ感じてしまう。(>_<)


 人事を尽くし、仲間に恵まれ、運に恵まれば、
                  
                      必ず道は拓く、願いは叶う!!(o^_^o)


Sさんへのエールに代えて。(もちろん嬉し涙を流して下さい) \(^o^)/


ぱぴー
posted by ぽこ at 13:00| Comment(0) | (カテゴリなし)

今月の絆つなぎ人 6月

【今月の絆つなぎ人 6月】

心豊かにARDの会は「世代を超えて、広げよう!人と人の輪、そして絆つなぎ」ミッションのもと、心の通い合いを目的として、様々な活動を通じて世代間交流事業を展開しています。

このコーナーでは、人と人の絆を大切にご活躍されている各界の素敵な方々を、リレー形式でご紹介させていただきます。 ブログでのご紹介記事が遅くなり大変申し訳ございませんでした。
今後も、このコーナーでは、次々に素晴らしい方々をご紹介させていただきますので、今後とも、よろしくお願いいたします。

第6回目にご登場いただくのは、

日本学術振興会特別研究員の天内大樹氏です。

天内氏は、1980年東京・高円寺生まれ。建築家にあこがれるも、2002年文学部を
卒業され、大学院に進学後、芸術学という文系のアプローチで大正時代の建築家たちの研究を始めておられます。

現在は大学院を終了され、博士号取得に向けて研究を続行されています。

同時に、生活する人の意識を「ミュージアム」としての都市に向けることで街を引き立てるという、NPOにっぽんmuseumにおいて、メールマガジン編集を担当されるなど、新鮮な発想を活かした絆つなぎをご紹介させていただきます。

さて、どんな取り組みなのでしょうか。
posted by ぽこ at 00:05| Comment(0) | (カテゴリなし)

2009年06月28日

本土寺のあじさい

楽しく散歩」の風来坊です。

あじさいも見頃を過ぎつつありますね。
本日は千葉県松戸市の本土寺のあじさいを紹介します。



風来坊は6月20日に本土寺にあじさいを見に行きましたが、前日の6月19日に、某テレビ局のズームインスーパーで本土寺のあじさいが紹介されましたので、ご覧になった方もおられるかと思います。

テレビで放映されましたので、大混雑が予想されましたので、鎌倉に行ったのと同様に朝早くに行ってきました。




本土寺は「花の寺」として親しまれていますが、本土寺の「本土」とは、「我批土(わがこのど)」つまりお釈迦様が本当の佛、本佛となって住む国土「本土」に由来しているそうです。また花は、本佛に捧げる花であり、宝樹だそうです。

本土寺では、春の桜、初夏の花菖蒲・あじさい、秋の紅葉と移り変わる四季を育み、心をなごませてくれます。




本土寺は「あじさい寺」とも呼ばれていますが、本土寺に最初に植えたのは桜だそうです。
その後、全山の修復が始まった段階から、各お堂や建物の応急修理と平行して、桜の下にあじさいを挿し木していきました。

次第にあじさいは増え、誰言うともなくあじさい寺になったようです。初夏には1万株のあじさいと5000株の花菖蒲が見事な景観を見せてくれます。




今年は行く時期が少し遅かったのと、花菖蒲の咲き具合が良くないということで早めに花を摘み取ったとのことで、残念ながら花菖蒲をいることはできませんでした。




「本土寺のあじさい」の詳しいレポートは、ホームページ「楽しく散歩」の「新着情報」でご覧いただけます。

風来坊
posted by ぽこ at 13:14| Comment(2) | 楽しく散歩で絆つなぎ

老い

休日の夕方になると近所では、まるでツバメのように子供達が訳もなくキャッキャッ叫びあっちこっち止めどなく走り回っている 息つくひまなくキャッキャッ言葉を発しながら走り回っている。本来、病気じゃない限り、子供とはそうしたものだ。みんなみんなそうだった。今のお年を召した方々もそうだったはずだ。(^o^)

それがだんだん年を重ねるごとに無意識な運動とはだんだん縁遠くなってしまう。(>_<)

老いを感じ始めると…それは自然の摂理に過ぎないのだが、ついつい、まだまだ以前のような感覚で動きたくなり、動くと体のどこかが悲鳴をあげたり疲れてしまう。決して生物年齢は残念ですが誰しも70才の方が69才には戻れないはず。80才の方は79才には戻れないはず。(-_-)zzz ただ、精神年齢を若く保つことは大切でしょうね。前向きに能天気にならず前向きにポジティブに。(o^_^o)

いろいろなお年を召した方々に接すると老いとは肉体の衰えとどう折り合いをつけていくか…それが歯がゆく悔しいのだろうと察ますし思います。(=_=)

内臓に限らず、脳、足腰、関節、骨、神経伝達、視力や聴力、記憶力・判断力・語彙力・反射力…いろいろ衰えてしまう。皆が皆がそうだ。孤立化してるご老人は生きることに悲観的になってしまうことも。(T-T)
ご老人の閉じこもりの問題に今は力を入れていると3年前にある方に伺ったことがある(-_-;)

私自身はまだ中年層だからそれほどの老いは感じない。私は子供の頃、男がいちいち泣くなって育てられ、武道を学んだせいか体がキツくてもガマンしたり笑顔でいたり。ツライの痛いの言うのが恥だと思う傾向がある。(~o~)

でも老いは個人差はあっても誰しも必ず通る道でもある。歴史上のどんな偉人も老いていったし、不老不死のクスリを願った秦の始皇帝や豊臣秀吉、徳川家康…。。(~o~)

もし私自身が老いて、快眠・快食・快便がままならくなり介護を受ける時は泣くのだろうか 弱音ばかり言うのだろうか そういう自分は想像したくない。でも判らない。(-_-;)

ずっとずっと以前に介護士の方の話を聞くと大正生まれの方々は介護をしていても甘えることや弱音を吐くことは少ないらしい それは良いことなのか、それとも…。ぱぴーには判らない。(-_-;)

人生の先輩の方々のいろいろな思いや経験を私には想像できませんが、ご無理なされることなく、孤立することなくお過ごし下さい
(^o^)

確かに吐き気がするイヤな(人間性)ご老人もいますが…それはご老人ではない人々に対する比率と同じです。願わくは、矯正や強制隔離ではない共生地域や共生の場がもっともっとあればって思いますが。(^o^)…もちろんプライベートやプライバシーに配慮あるものです念のため。


ぱぴー
posted by ぽこ at 00:34| Comment(0) | (カテゴリなし)

2009年06月27日

遺伝子って。

残念ながら生化学のAとかCとかTとかGとの配列の難しい話ではありませーん。v(^o^)

最近は本当に芸能人さんや政治家さんの2世、3世の方々が多いですね。(^o^)

確かに親の血筋通り、否、それ以上の能力発揮って感じる人も。でも、ぱぴーには感じない方々が多いです失礼ながら。(^_^;)

何故だろうと考えてみました。?( _ ;?

1つには純粋なチャンス公平世界ではないこと。
1つには実力に対して数値化されない世界(例えば野球ならアベレージや防御率)であること。
もう1つは…遺伝子って20年も30年も経つと親の時代にはピタリとはまったその方々の遺伝子の良さや特性ややり方が今ではピタリとはまらなくなっていると感じます。まだまだたくさん要因はありますが…敢えて遺伝子だけをコダワってみました。少し強引かな??(-_-)zzz

以前、企業の方と会話をしたとき、会社の持っている経営スキルやマニュアルなんか20年も経てば古いし、そして時代は30年サイクルですよって。なるほどって思いました。というよりぱぴー自身、会社法改正の折、改めて会社や法人の在り方を深く考えながら再勉強し、いろいろな社会の時代に合わなくなった仕組みを感じざるを得なかった。(-.-)

それはふつふつとそれ以前よりありましたが…書きません。

何が言いたいか。つまり個々の遺伝子の良さ(特性)は20年30年経つとその遺伝子の良さ(特性)は時代にそぐわなくなっているじゃないか、ズレてしまうんじゃないかということ。もちろん時代に更にマッチする遺伝子も存在します。もちろん、遺伝子だけで測れないのは確かですしその前提で書いています。(o^_^o)ご了承を。

ましてや見えない世界や力関係なんて考えても、そもそも見えないから判らないです…一般人にとって。見たくもないですし、単純に芸そのものや言行一致なのかで判断するしかないよぉ〜。(~o~)

今の時代にベストマッチする遺伝子の特性を科学的分析するとどういう結論になるかな??…そこまで科学は発達してませんかぁ〜!?無理難題若しくは不可能。(>_<)

では、ポリグラフ(嘘発見器)を特定の質問だけに本人許可制のもとにつけてもらい政見放送するとか…まぁ〜余談ですね。(>_<)


そうすると元に戻りその方々の遺伝子への期待や推測よりも、人を自分の目で耳で確かめるしかないよぉなあ〜。(^-^)

やはりそこへ戻りましたね 結局、自分の目や耳や頭や心なんですね。(^o^)

ネガティブに末法的な思考になったりするよりは……大変な時代だからこそヤリガイがあるって、やることに充実やシアワセを感じられればいいってぱぴーは割りきっています。\(^o^)いろいろ批判しても始まらないしぃ。自分が素朴に思う権利行使をしていくだけ。


今日もかなり偉ソーな人になりましたね。まだまだ未熟者ですが…本当に。(;^_^A

ぱぴー
posted by ぽこ at 16:46| Comment(0) | (カテゴリなし)

平成21年度年賀寄附金配分事業決定通知書交付式!

郵便事業(株)の年賀寄附金による社会貢献事業助成の

チャレンジプログラム(4年間計画)として申請していました、

『届けよう!広げよう!絆つなぎの押し花メッセージカード』事業

平成21年度の年賀寄附金配分事業として採択され、

昨日、名古屋中支店で開催された決定通知書交付式に
出席してまいりました。

 


今年度は、毎年イベント参加している 第18回尾張旭ふれあい夏まつりで、
秋は、郵便事業(株)尾張旭支店
で、

それぞれ市民の方を対象に

ふるさとに届けよう!『絆つなぎの押し花メッセージカード』づくりを開催し、

押し花を通じて、沢山の方の絆つなぎをしていきます。


みなさん! 楽しみにしていてくださいね (^o^)/




posted by ぽこ at 00:30| Comment(2) | ARDの会の絆つなぎ

2009年06月26日

M.ジャクソンさん

ぱぴーが若い頃、よくあちらこちらで彼の曲が流れていた。

喫茶店、都市部のディスコ、スキー場のディスコ。窓を開け音量高くしてるクルマからも。

スリラーのミュージックビデオは綺麗でまるで映画だったと印象が深い。ビートイット、 バッド、ビリージーン 独特のダンスステップをし 唖然として、その映像の創造性に見とれてた記憶があります。もちろん歌のリズム感、ビート感も。

なぜだか当時の女性達のファッション…ハマトラと聖子ちゃんカットが浮かんでしまう。

ミュージックビデオなんて今は当たり前だがこの方が広めたっての記憶。 それ以前は無かったはず 確かではありませんが。 自宅にはシングルレコードがどこかホコリをかぶりあるはずだ。

ご冥福をお祈りいたします。合掌。
posted by ぽこ at 18:55| Comment(0) | (カテゴリなし)

コペルニクス的転回

今から約500年前天文者数学者神学者医学者のコペルニクスは観察と計算により、それまでの常識をひっくり返し天動説(太陽が地球の周りを回ってる)から地動説(地球が太陽の周りを回ってる)を論文に書いた。w(゜o゜)ww(゜o゜)w
今では当たり前だが当時としては…まさに天地がひっくり返る考え方だ。で、その後、200年前にカントという哲学者がコペルニクス的転回理論(主観と客観関係の転換)を指摘した。?( _ ;?…ムムムズカシイよぉ〜。

で、単に発想法を全く変えて…物事の新しい局面を切り開ていく…という風になったみたいだ。(o^_^o)いわばイノベーションとも言えるかな??

以下ぱぴー類推拡大解釈。(^o^)

例えば 自分は生きていると思うから自分は生かされてると考えてみる。(^^;

例えば、勉強はしなくちゃから勉強はしなくていいことだと考えてみる。(><)

例えば、今の仕事をしなくてはいけないから今の仕事は辞めにすると考えてみる(><)

例えば、今の妻や恋人と付き合い続けていくから別れた方がいいと考えてみる(><)

例えば、いい社会をと願うことより悪い社会をと願ってみる(^^;

例えば、長生きすることより明日に死んでもいいと考えてみる(^^;

例えば、今の自分を肯定するより否定し行動してみる(^^;

例えば、吐き気する人を憎むから全てを許容し受け入れると考えてみる(^o^)

例えば、亀の甲より年の功を逆に考えてみる

例えば、人間万事、塞翁が馬の逆パターンを考えてみる


つまり今まで正しいと思ってたことを逆に捉えてみる それはたぶん対極にある言葉の概念の価値観の入れ替えなのだろう 平和と戦争、愛と憎悪、晴天と嵐、愉しさと哀しさ、教えると学ぶ、生と死…いくらでも対義語は出てくる。(^o^;)

地図を北極を上にしてみるのと南極を上にしてみることに似てるね。
そうすると案外気付かなかったことに気づいたり、正しいと思うことのさらなる強化や弱点が解ったり、確信を強くし考えが深くなるね。それは数学の背理法証明にも似てるね。(^o^)

俯瞰(ふかん)的な捉え方とも似てる…つまり自分が宇宙空間にいれば地動説は一目瞭然だね。だから鷹が空から地上を視るように、物事を時間的、物理的、精神的、情報的に大きなスパーンで考えてみる 木を見て森をを見ずにならないようにすること。もっと言うなら、見えるのなら山も海も平野も地図も見てね。もちろん人も見てな。ついでに信頼する人と会話もありだな。v(^o^)できれば木をばかり見てる人に声をかけてみては。(^-^)

現状打破は自分でするしかないが、いろんな情報は揃えて損はないよ、そして情報や良識を取捨選択しリスクを覚悟して。リスクのない自分現状打破はないはず。(~o~)

例えばだよ、君たち若い子には異性に告白することは精神的リスクだね。(^^;大人になると免疫力ができてしまうけど…でも大人も少しダメージ受けるリスクですね。(>_<)(;^_^A

いろんなことにトライし自分なりに精一杯頑張りましょう。人生にムダなことは一切なし!(^_-)〜☆若い君達が未来を創る…中高生ガンバれ!君達の周りにいるクダラナイ大人、愚かな大人に振り回されるな。先ずは自分で考え抜くことだよ。自分で調べてみることも。そして信頼する大人、好きな大人に意見を聞いてみるのも一考してな。亀の甲より年の功もたくさんあるからね。(^o^)

かなり偉ソーなこと言う人だねぱぴーって。(-_-;)

ぱぴー
posted by ぽこ at 00:36| Comment(0) | (カテゴリなし)