CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2010年08月26日

おもうこと あれ これ

おもうこと あれ これ

およね記

1)
「力強く生きてくれたことは息子の誇り」
葬儀、告別式は本人の強い希望で密葬のみ。
王元監督の母、108才で死去。

(子にこんなふうに言ってもらえるなんて、うれしいね。
それに、王さんのお母さんならどんな仰々しい告別式が開かれても不思議じゃないのに・・・
本人の強い希望だって、108才で本人の強い希望、
よーし、わたしも・・・ま、仰々しい葬式の心配はないけど^^)



2)
 「学んで時に之を習う、亦たよろこばしからずや。朋有り、
遠方より来る、亦た楽しからずや。人知らずして、いきどおらず、亦た君子ならずや」

「勉強した知識を、時が来たら実習で実践する。
おもしろいじゃないか。遠くから友が来る。楽しいじゃないか。他人に理解されなくても怒らない。人格者と言えるじゃないか」


 「日出でて作り、日入りて憩う。井をうがちて飲み、
田を耕して食らう。帝力 なんぞ我にあらんや」

「日がでりゃ仕事し、暮れれば休む。井戸掘って水飲み、
耕して飯を食う。亭の力は関係ないさ」
<加藤 徹「絵で読む漢文」 中日新聞より>

(そうだよね、これくらいに言ってもらえばわかりやすいよ
わかりやすいだけでうれしくなっちゃう)


3)
イギリスの著名辞書に「HIKIKOMORI(ひきこもり)」が載る。あちらでは、若者が家から出ずにこもることはあまりなく、適当な語彙もないらしい。通販での買い物は
「巣ごもり消費」というらしい。
<中日新聞>

(ひきこもりの経験はないけど、巣ごもり消費は大好き。
カタログハウスの通販生活なんかもう20年)
posted by ぽこ at 08:32| Comment(0) | (カテゴリなし)
この記事へのコメント
コメントを書く