CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2010年08月21日

座間のひまわり

楽しく散歩」の風来坊です。
本日は「座間のひまわり」の紹介です。



今年も神奈川県座間市のヒマワリ祭りが開催されています。
座間市の花「ひまわり」は、平成5年から農協青壮年部が中心となって荒廃地、遊休農地対策の一環として、ひまわりの景観植栽を行ったことが始まりです。
また、緑肥化に取り組むことによって同時に環境にやさしい農業の推進にも貢献しているとのことです。



座間市のひまわりは、市内各地の農地(「ひまわり広場」)に植えられており、大きく栗原地区、座間地区、四ツ谷地区の3つに分けられます。
座間市のひまわりは、それぞれのひまわり広場では開花の時期が異なっています。

例年、栗原地区が最初に見頃を迎え、次に座間地区、最後に四ツ谷地区が見頃になります。
また、座間地区の中は、座架依橋北側、座架依橋南側、サイレン北側の順に見頃を迎えます。



今年はお盆休みの初日の8月12日に見に行く予定をしていましたが、台風4号が接近ということで見合わせました。
台風一過、天気が回復すると思っていたところ、前線の影響で13日からは曇りのち雨といった日が続き、青空と白い雲に恵まれません。
ということで8月16日にやっと座間地区のひまわりを訪ねることができました。



座間市のひまわり開花情報では、猛暑の影響で今年はひまわりの開花が例年よりも1週間程度早いということでしたが、現地に到着してびっくりでした。
座間地区の殆どのエリアのひまわりが見頃を過ぎていました。
さいわい一番南側のエリアのひまわりがちょうど見頃を迎えていてホッとしました。




詳しいレポートは、ホームページ「楽しく散歩」の「新着情報」でご覧いただけます。

  風来坊
posted by ぽこ at 00:03| Comment(0) | 楽しく散歩で絆つなぎ
この記事へのコメント
コメントを書く