CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2010年06月26日

ふるさとの話をしよう

本日は、大ヤマトさんのふるさと名勝シリーズから、静岡市、愛宕霊園内の正覚山菩提樹院をデジブックでご紹介していただきます 太陽

静岡市葵区沓谷、愛宕霊園内に正覚山菩提樹院がある。ここには由比正雪の首塚と銅像が建っている。大名改易政策で浪人が溢れ、その数40万人とも50万人とも言われている。これを憂いた軍学者、由比正雪は丸橋忠弥らと幕府転覆を企てる由比正雪の乱(慶安の乱)を計画した。江戸、駿府、京都、大阪を同時に火の海にするという驚愕の計画だった。しかしこの遠大な計画は事前に発覚し未遂に終わり正雪は旅籠、梅屋で自害して果てた。享年42歳であった。安倍川の河原でさらし首になったが縁者の女人が密かに盗み出し菩提樹院に埋葬したという。


                                  (音量にお気を付け下さい。)


posted by ぽこ at 11:03| Comment(0) | (カテゴリなし)
この記事へのコメント
コメントを書く