CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2010年05月26日

【あやうし??? 関西人。】

 【あやうし??? 関西人。】


うーさん記

◎言葉

あれや これやで 関西が 苦戦している。
関西弁も ピンチだ。

娘に「お父さん ○○(孫の事)に変な関西弁で話すの やめて」と言われた。
「変な関西弁??」何を言ってるのだ と気分が悪かったが、要は「あほかぁ」とか「ボケ」とかが 禁句らしい

関西に住んでいる人は 全員が「関西弁を話す」と 思われているが この辺では 標準語を話す 若い人も結構多い。

私の 子供の頃は べたな 関西弁ばっかりだったのに・・。

関東の炊き物だから「関東炊き(かんとだき)」と言っていたが
今「おでん」だ。おでんって 何の意味か わからない。

同じように 冷たいコーヒーだから「冷コー(れーこー)」だったが今「アイスコーヒー」だ。
アイスって 氷だ。「氷コーヒー」って言う事か・・。そういえば 氷ばっかりだ。

最近は「天かす」を「あげ玉」とか言う。
「天麩羅の あげかす」だから「天かす」だ。
「あげ玉」って 「あめ玉」の親戚 にしか思えない。

関西では 買うことを 「購(こ)うてくる」と言い 「借りる」事を「借(か)ってくる」と言っていた。
今「購(こ)うてくる」と言う言い方は 落語の中か 年齢制限に近い。
若い人は「買(か)ってくる」「借りてくる」と言う。

どうもTVの影響が大きいのだ。今や 関西弁もピンチなのだ。

でも 言葉は文化だ。歴史と伝統があるのだ。それぞれの言葉まで 消滅して しまっては 堪らない。

言葉としての 関西弁は しぶとく 生き続けて欲しいと思う。

そのためにも べたな関西弁を 娘の目をかいくぐり 

孫に直接 伝えてやるぞー
 

◎食べ物

私は、納豆が食べれない。 
子供の頃は 納豆と言えば 甘納豆の事だった。
納豆という別の 食べ物があることに 気がついたのは 姉が結婚して 東京に行ってからだ。

私は この食べ物が 苦手だ。私の影響からか 家族も全員食べない。
だから 私は この年まで 納豆を 食べた事がない。
これは 食わず嫌いではない。理屈ではなく 嫌いなのだ。

昔から 関西人は 伝統的に納豆が ダメな人が多かった。
でも 残念(?)ながら 今 食べる人が 増えている・・。

東京のうどんも 苦手だ。なんであんなに 辛いのだ。
良く言われるのが 濃口と薄口の醤油の違いだが それだけだろうか? 

とにかく 辛くて うどんのもつ 甘み もなにもあったものじゃない。
「西のうどん好き」「東のそば好き」と言われる。
うどんは そのままでも美味しいが 蕎麦は 出汁がないとダメだ。

今 関西でも 蕎麦好きな人が増えており 蕎麦の 薀蓄話する人も多い。

私は うどん党だ。うどんと言えば 狐うどん。
夏のカキ氷は みぞれ。
ジュースは ミックスジュース 
これ 関西人 私の 定番メニーである。 

でも もう こんな嗜好の関西人は 

絶滅危惧種かも 知れないなあ・・。
posted by ぽこ at 07:39| Comment(0) | (カテゴリなし)
この記事へのコメント
コメントを書く