CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2010年04月26日

【塞翁馬 】

本日は、「美意延年」ブログから、SHOWさんが趣味でつくられていらっしゃる篆刻とその解説の記事をご紹介していただきます。

【塞翁馬 】





人生の幸・不幸は予測しがたく、幸運も喜ぶに足らず、不幸もまた悲しむにあたらないとのたとえ。

昔、中国の北辺の塞上(国境の砦(とりで))に住む一老翁の飼っていた馬が、ある日のこと胡(こ)の国に逃げたが、数か月後、胡の名馬を連れて帰ってきた。ついで翁の息子がその馬から落ちて足を折ったが、そのために息子は、のちに起こった胡人との戦いにも壮丁としての徴発を免れた、と伝える『淮南子(えなんじ)』「人間(じんかん)訓」の故事による。

【原文】

近塞上之人、有善術者。馬無故亡而入胡。人皆弔之。其父曰、「此何遽不為福乎。」居数月、其馬将胡駿馬而帰。人皆賀之。其父曰、「此何遽不能為禍乎。」家富良馬。其子好騎、堕而折其髀。人皆弔之。其父曰、「此何遽不為福乎。」居一年、胡人大入塞。丁壮者引弦而戦、近塞之人、死者十九。此独以跛之故、父子相保。故福之為禍、禍之為福、化不可極、深不可測也。

ちなみに、『淮南子』は漢の高祖の孫、淮南王・劉安が編纂した百科事典のような書物。また、『人間万事塞翁が馬』とした場合、慣例的に「人間」は「じんかん」と読むことが多い。世間とか世の中とか言う意味。


posted by ぽこ at 00:02| Comment(0) | (カテゴリなし)
この記事へのコメント
コメントを書く