CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2010年03月24日

押し花作品 「百花繚・蘭〜虹の架橋」

みなさん。お久しぶりです!! ぽこです。お元気ですか?
ぽこは、なんとか元気にやっていますよ!
本日は、数年前に郷土作家展に出品のために作った押し花作品『百花繚・蘭〜虹の架橋』をご紹介させていただきますね!


ところで、先日の連休は、父の喜寿のお祝いで、父のもとへ行って参りました^^/

23年前に母が49歳の若さで、突然亡くなった時は、母を亡くした悲しみよりも、残された父の方が心配でなりませんでしたけれど、すぐにご縁があり、父が2度目の奥さんと暮らすようになって、もう20年近くなります。

その方も、御主人に先立たれ、同じような境遇…月日が、経つのは本当に早いものですね!

現在は、健康のためのマージャン、散歩、舞踊が趣味の義母の送迎や
発表会のビデオ撮影記録など、喜寿と言うにはとてもはつらつと若々しく、
毎日心豊かに充実した老後を送っている様子に、娘として、心から嬉しく思っています。

人生って、本当に人それぞれ…幸せ感も人それぞれ…

でも、ぽこは思いますよ! 
人と比較して幸せがあるわけではないけれど、
かりに幸せに基準があるとして、たった1でも幸せと感じることが出来る人と、10あっても幸せと感じることが出来ない人と… 
やっぱり、なんといっても、ほんの少しで幸せを感じることが出来る人の方が、いっぱいいっぱい幸せですね!!!

ぽこも、がんばる〜〜〜〜!!

さて、押し花作品 「百花繚・蘭〜虹の架橋」です。赤・ピンク・オレンジ・黄色・緑・水色・紺色の七色の虹の押花を、5枚の額で大胆に表現し、さらに虹の上をカトレアをはじめとする色とりどりの蘭の花を惜しみなくデザインしたダイナミックな作品ですよ。



押し花作品 「百花繚・蘭〜虹の架橋」

posted by ぽこ at 23:24| Comment(0) | 押し花とぽこの絆つなぎ
この記事へのコメント
コメントを書く