CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2009年12月26日

心豊かって

【心豊かって】

以前、<心豊か>のイメージを思いつくまま人前で話をさせていただいたことがある。絵画と同じで暖かい色、明るい色、華やかの色、純粋白色や色をつけない色だけでなく、黒や紺や暗い色、汚い色、目立たない色があって絵画全体として成り立つようなことを…そしてDarknessな色は自分の弱さズルさ、短所を自分自身で認めてやること云々…。(^0^)


今、改めて<心豊か>とはなんだろう?と思ってみた。否、心豊かではなく、<心普通に>ではいけないのだろうか?とか。心貧弱な時代だろうか?とか。人の心はその人のものに過ぎないとか。人の心は常に変わり易いとか。人の心こそ掴みどころがなくいい加減とか。人の心が形式・建前・頑固ばかりで笑えてきて疲れてしまうとか。心豊かに穏やかにと望んでも降りかかる火の粉に心豊かさは必要なのかとかo(><)o

皆さんはいかがお思いになりますか。


俎上(そじょう)に載せられる範囲で書きますと、例えば私どもは3年前に市有地をアダプト(里親)交渉し花壇に土を入れ耕し、苗を植え花たちを育て、そこに訪れる方に愉しんで頂こうと。(゜.゜)
毎日のように時間がある時に自宅より3キロも自動車を走らせ寒い日も暑い日も、一人の勤勉なる理事が草取りや水やりや持ち込み(私財)の木テーブルを置き、あるどのパンフをおきながら手入れをしているのですが…もちろんそこを通りかかる人たちに挨拶や会話お付き合いなども。(゜o゜)

でも、“何故、金にもならないことをして楽しいか!!”などのイヤミを言われたり(その男性理事はケンカすればハンパじゃないほど強く屈強なる人物なのですが)朝、現場に着くと花壇の花を引っこ抜かれていたり…。別の理事の車をパンクさせられたり、無言TELがあったり。ご本人が胸に終(しま)う経験もあるでしょうきっと。 …花壇をめぐることでさえ本当にいろいろありますね。o(><)o


心豊かは案外、邪魔くさい概念なのかも知れません。そんなことと出逢う体験は誰でもお持ちかと。俗にいう、小さな親切大きなお世話にならないように心がけてはいるのですが…。お仕着せ(おしきせ)がましくなくって思いつつ。(^-^;


心豊かが見えなくなる時も 心豊かにって人にとってそもそも必要不可欠なのでしょうか。豊かでもなくても生活できるはず…普通で十分。むしろ知恵の豊かが必要かと。(゜o゜)\(-_-)


<実るほどコウベ(頭)を垂れる稲穂かな>とは先人の言葉。つまり中身があるたくさんの実をつけた米の稲ほどお辞儀した状態、頭を下げた状態になるものだ つまり謙虚になることや感謝を感じるというようなことでしょうか。そんな方は多くはないですね…死語かな。ステイタスや社会ポジションにて人を見て判断し上から見たり下から見たり、迎合したり親切にしたり無視したり…優劣に満足と自己確認。ルールを無視し青田刈(あおたがり)さえする習わし社会。…それ以上は書きません。…口を閉ざすことで溝(ミゾ)が深まらないで済む場合もある。^_^;A


心豊かを思うに、対称(シンメトリー)となる言葉は何かを考えてみた。心いい加減、心殺伐と、心冷たく、心なく我欲、心細く、心得違い、心許ない(こころもとない)、心弱く、心がけなく、心遣いなく、…、…、いろいろ浮かびます、それら全部を含むのかな。
つまり人が求める概念はその対義語、反対語の概念や経験があるからだ。例えば戦争があるからこそ平和の概念があるのと同じことですね。(T_T)
信用も正義も人権も命も形骸化、数値化、芝居化、盲信化、無感覚化なまま、行くつくところまで行けや日本人…とさえ。o(><)o


連綿と思いつくままダラダラ書き綴(つづ)りましたが 結論がないのが結論のようですね。!(^^)!
心豊かとはまだまだ五里霧中、暗中模索、試行錯誤、紆余曲折。ひょっとして芸術と同じく、人がもち得る…瞬間、瞬間、一朝一夕のキラメキなのかも知れませんね。\(^^:;)

…最後は受験生の為に<四字熟語>を使ってみました。(^^)v


12月 8日 記 ぱぴー


御報告文。

あるちゃんの絆つなぎに日頃アクセス下さる皆様、日本財団カンパン運営社員の皆様、並びに桜前線や夏物語にご協力下さった方々。一年間、本当に本当にありがとうございました。

そして、地元では宣伝する機会も少なく、反応も皆無に近かったのですが、実質今年より始めたblog<あるちゃんの絆つなぎ>に全国の皆様より20万近くのアクセス数を賜わりました。これもひとえに皆様のお陰です。感謝の一言に尽きます。


さて、今月の理事会に於いて予(かね)てより打診の件なのですが誠に勝手ながら、この度ぱぴーこと私はしばらくの間、blogをお休みすることとなり、皆様に心より深くお礼を申し上げますとともに、ここにご報告させて頂きます。


<心豊か><絆>をコンセプトに昨年12月に依頼され、私自身は独善的勝手気まま文ながら、できるかぎり視点をわかり易くしたり、視点や角度を変え改めて文章化することで大変勉強にもなりました。
そして微力ながら皆さんにとって良くも悪くも、同意も批判も、何か考えるヒントの契機となったならば、<心豊か><絆>の目的をほんのほんの僅(わず)でも達することができたのではないかと独り、勝手に喜び心より嬉しく存じてます。本当にありがとうございました。

お約束はできませんが、再び戻って参ります。いつの日にかblog上にて皆様とお会いできる日を楽しみにしております。


ひまわりさんありがとう。風来坊さん、ポレポレ父さん、ダーさん、かものはしこさん、ポコタロウさん、人生日々新たさん、犬ゴゴロさん、、その他たくさん方々blogに参加頂き、盛り上げて下さり、本当にありがとうございました。<(__)>


皆様、ご健勝で願わくば、それぞれの絆をご大切にされ、何気なさや大変さの中でもシアワセを感じることの感覚をご大切にと思います。更に充実した新年を迎えお過し下さい。

そして今後とも[心豊かにあるどの会]と共に<あるちゃんの絆つなぎ>blogを宜しくお願い申しあげます。

誠にありがとうございました。皆様、お元気でお過ごし下さい。それではまたお会いできる日まで。


12月 5日 ご挨拶記す ぱぴー
posted by ぽこ at 00:03| Comment(1) | (カテゴリなし)
この記事へのコメント
ぱぴー。ひまわりは、このご報告を読ませていただき、とてもショックでした悲しい

でも、28日に、以前お知らせしました、全国大会…つまり第16回全国高等学校選抜オーケストラフェスタへの参加招待を受けていましたので、なんとか頑張ってきました音符
オーケストラフェスタは、コンクールではなくて、全日本高等学校オーケストラ連盟というところから、選抜されたところだけが出場出来ます。

ひまわりは、はじめての経験でしたけれど、全国のいろんな高校の人との交流会もあって、とっても楽しかったです笑い 勉強にもなりました。

吹奏楽に入って、本当に良かったですびっくり

でも、ぱぴーの記事がなくなるのは、すごくさびしいです。
部のみんなも・・・けいちゃん、まきちゃん、しょう先輩、ひろ先輩みんなみんな嫌だって言っています。

ひまわりもです。でも…ぱぴーの、「再び戻って参ります。」を信じて、新年もみんなと頑張りますラブ

ぱぴー、本当に本当に待っています。そして、今までありがとうございましたドキドキ大 部のみんなを代表してお礼の言葉を贈ります〓

お体を大切に、良いお年を迎えてくださいねハート
Posted by ひまわり at 2009年12月31日 21:10
コメントを書く