CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2009年09月26日

世相


【世相】

教科書やHow to本を読んだだけで自転車に乗れたり野球が水泳が出来たりしたら、何の苦労もいらないよ。(^O^)

世の中、ありとあらゆることがそうである。逆に我流に実践だけでは進歩がなかなかない。やはり理論立った科学的理屈や経験蓄積論理が必要だ。o(^-^)o


でも、赤ちゃんは誰も教わらなくても寝返りをしだし、つたえ歩きをし、走り出すようになる。大人も歩く時にいちいち右足左足、視線の位置、運動神経回路…いちいち気にしない意識しない してたら、ぎこちないし歩くのに疲れてしまうね。(;´・`)


生きることを考え始めたら水に入らないで泳ごうとすることと同じではないか。考えたり、思うだけなら誰でも頭の中、経済的成功するし総理大臣にだってなれてしまうね。しかしがむしゃらに行動だけが続けば行き詰まる。(ノ><)ノ


若き頃、ハードボイルド小説を読んでた時期があった。線路に乗っかり就職し結婚し子供ができ育て孫ができ余生をまっとうする…それが普通である。その線路を外れた人間を描いているのがハードボイルド小説だ。(ノ゜O゜)ノ

線路から外れてしまった、あなたならどこへ向かう? 気がつけば道がない場所にいた…どうしますか? 誰かを待ちますか? 仲間を探しますか?助けを待ちますか? 線路沿いに歩いていきますか?次の列車や通りかかるクルマを待ちますか?それでもその場所で朽ち果てるまで…途方にくれますか。(-.-;)

<人が道を外すことはよくあること、でも、そこにも道があるのだよ>というようなセリフを何となく覚えている。君が一歩踏み出せば道ができる、どんな方向もにも道があるよ。o(^-^)o

日本人は混沌たる世界にいると感じる つまり世相に相がない感じ…手相に相がないような感じかな。経済も政治も人々も戸惑いよく見えない。イノベーションとは聞き飽きた単語。中国や西欧、アメリカをお手本にいろいろ吸収し発展してきた日本。さて、この先はどうなるのでしょうか。士農工商といわれて発展した時代から久しく、農は衰退し外国依存、工商は法人化され低迷と労働の商品化。グローバルというともいうが…。士は国民だよねたぶん。そうすると…。士の志は現代では武士道ではない。…あえていえば儒教だけではなく利己個人主義が比重大きく混在し顕在し。たぶん。それを使い分ける日本人。否、エコノミックアニマルと言われた時代に経済を最優先し儒教の教えも消し飛んだか。志が見えないどころか、そんなことより自分のことで精一杯だよね(゜o゜)\(-_-)

やはり子孫を残しつないでいき、いい時もあれば悪い時もあるさ。その時代その時代に思考し行動し淘汰され、だんだん住みやすくし安心で非苛酷なる世界に少し?かなり?なってきた歴史的事実。o(^-^)o

まだまだ歴史は続きますが日本人がどんな方向に歩いても、そこはもう道です。どんな道になるのでしょうか、どんな道になっていくのでしょうか。50年後振り返った時に何が見えるでしょうか。…地球が人類が存在するのならばですが。だんだんと嫌な社会ニュースが多くて共生意識は薄れますね。(>_<)

混沌は末期?再生?いい時代経験?悪い時代経験かな?偶然?それとも必然?まあーなるようになるさ良くなるさきっと。…ちゃんと足元固めて真剣に個人それぞれが何かの志があるのであれば、できれば一生懸命向き合い…生きていればね。と思います。(^O^)/

Sさんへの応援に代えて。


9月25日 記 ぱぴー
posted by ぽこ at 09:27| Comment(0) | (カテゴリなし)
この記事へのコメント
コメントを書く