CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2009年09月24日

岐阜 美濃市・うだつの町並み

ポコ旅 NIPP_●_N!ポコタロウです。 今回は前回の愛知県の隣り、岐阜 美濃市・うだつの町並み の話題をお届けします。 (^0^)/

岐阜県のこの日は、多治見からスタート。

1両の長良川鉄道に乗り換え、30分ほど揺られて、美濃市駅で下車。

駅から少し歩いていくと、古い町並みが拡がっていました。





歴史そのままの雰囲気に、胸高鳴る一方で、なんだか落ちついた気持ちになれます。

この町並みの特徴は、屋根の両端に、高くしつらえられた防火壁・「うだつ」。

防災目的のうだつも、美濃和紙の隆盛に伴い、豪商らがその装飾性を競い合ったそうです。




地区で唯一、重要文化財に指定されている‘小坂家住宅’。江戸時代から続く造り酒屋で、

軒には酒屋の印・杉玉が吊るされています。隣の四角い箱は、火防の神を祀っているそう。



地区内には、洋風の飾りが施された建物も。これは、宝勝院に残る‘旧有知学校校舎’。


散策の途中には、同じく散歩中のおじぃさんに声をかけられ、話すうちに町を案内して頂ける事に!

地区内に住むというおじぃさん、なんとお歳は90歳!! とても90歳には見えません‥‥‥

朝にも関わらず、上記の小坂家住宅や宝勝院など、町を詳しく説明して頂きました。


本来ガイドではない住民の方に、マンツーマンでガイドをしていただく至福のひととき。 そして、

また来ることがあったら訪ねてきなさいというお言葉。こうした出会い、ほんとありがたいに尽きます。

お世話になったおじぃさん、どうかお元気で!!


岐阜県 美濃市(2007.9.23)


posted by ぽこ at 00:01| Comment(0) | (カテゴリなし)
この記事へのコメント
コメントを書く