CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2009年07月27日

今月の絆つなぎ人 7月

【今月の絆つなぎ人 7月】

心豊かにARDの会は「世代を超えて、広げよう!人と人の輪、そして絆つなぎ」ミッションのもと、心の通い合いを目的として、様々な活動を通じて世代間交流事業を展開しています。

このコーナーでは、人と人の絆を大切にご活躍されている各界の素敵な方々を、リレー形式でご紹介させていただきます。 今後も、このコーナーでは、次々に素晴らしい方々をご紹介させていただきますので、どうぞ、楽しみになさってください。よろしくお願いいたします。

第7回目にご登場いただくのは、

青山学院大学 総合文化政策学部 教授の鳥越けい子氏です。

鳥越氏は、1955年生まれ。大学で音楽学を専攻されましたが、音の世界への関心が、楽器の音に留まらず、江戸時代に行われていた「虫聴きの会」などにも及んだため、「音楽」を含め、自然界の音や、まちのざわめきなど、周囲の音全体をすっぽりととらえることのできる「サウンドスケープ/音の風景」という考え方と出会われ、それがとても気に入られました。

さて 「サウンドスケープ/音の風景」とは、どのような考え方なのでしょうか?
 また、他にはどのような活動をされて、いらっしゃるのでしょうか?
posted by ぽこ at 07:31| Comment(0) | (カテゴリなし)
この記事へのコメント
コメントを書く