CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2009年06月26日

コペルニクス的転回

今から約500年前天文者数学者神学者医学者のコペルニクスは観察と計算により、それまでの常識をひっくり返し天動説(太陽が地球の周りを回ってる)から地動説(地球が太陽の周りを回ってる)を論文に書いた。w(゜o゜)ww(゜o゜)w
今では当たり前だが当時としては…まさに天地がひっくり返る考え方だ。で、その後、200年前にカントという哲学者がコペルニクス的転回理論(主観と客観関係の転換)を指摘した。?( _ ;?…ムムムズカシイよぉ〜。

で、単に発想法を全く変えて…物事の新しい局面を切り開ていく…という風になったみたいだ。(o^_^o)いわばイノベーションとも言えるかな??

以下ぱぴー類推拡大解釈。(^o^)

例えば 自分は生きていると思うから自分は生かされてると考えてみる。(^^;

例えば、勉強はしなくちゃから勉強はしなくていいことだと考えてみる。(><)

例えば、今の仕事をしなくてはいけないから今の仕事は辞めにすると考えてみる(><)

例えば、今の妻や恋人と付き合い続けていくから別れた方がいいと考えてみる(><)

例えば、いい社会をと願うことより悪い社会をと願ってみる(^^;

例えば、長生きすることより明日に死んでもいいと考えてみる(^^;

例えば、今の自分を肯定するより否定し行動してみる(^^;

例えば、吐き気する人を憎むから全てを許容し受け入れると考えてみる(^o^)

例えば、亀の甲より年の功を逆に考えてみる

例えば、人間万事、塞翁が馬の逆パターンを考えてみる


つまり今まで正しいと思ってたことを逆に捉えてみる それはたぶん対極にある言葉の概念の価値観の入れ替えなのだろう 平和と戦争、愛と憎悪、晴天と嵐、愉しさと哀しさ、教えると学ぶ、生と死…いくらでも対義語は出てくる。(^o^;)

地図を北極を上にしてみるのと南極を上にしてみることに似てるね。
そうすると案外気付かなかったことに気づいたり、正しいと思うことのさらなる強化や弱点が解ったり、確信を強くし考えが深くなるね。それは数学の背理法証明にも似てるね。(^o^)

俯瞰(ふかん)的な捉え方とも似てる…つまり自分が宇宙空間にいれば地動説は一目瞭然だね。だから鷹が空から地上を視るように、物事を時間的、物理的、精神的、情報的に大きなスパーンで考えてみる 木を見て森をを見ずにならないようにすること。もっと言うなら、見えるのなら山も海も平野も地図も見てね。もちろん人も見てな。ついでに信頼する人と会話もありだな。v(^o^)できれば木をばかり見てる人に声をかけてみては。(^-^)

現状打破は自分でするしかないが、いろんな情報は揃えて損はないよ、そして情報や良識を取捨選択しリスクを覚悟して。リスクのない自分現状打破はないはず。(~o~)

例えばだよ、君たち若い子には異性に告白することは精神的リスクだね。(^^;大人になると免疫力ができてしまうけど…でも大人も少しダメージ受けるリスクですね。(>_<)(;^_^A

いろんなことにトライし自分なりに精一杯頑張りましょう。人生にムダなことは一切なし!(^_-)〜☆若い君達が未来を創る…中高生ガンバれ!君達の周りにいるクダラナイ大人、愚かな大人に振り回されるな。先ずは自分で考え抜くことだよ。自分で調べてみることも。そして信頼する大人、好きな大人に意見を聞いてみるのも一考してな。亀の甲より年の功もたくさんあるからね。(^o^)

かなり偉ソーなこと言う人だねぱぴーって。(-_-;)

ぱぴー
posted by ぽこ at 00:36| Comment(0) | (カテゴリなし)
この記事へのコメント
コメントを書く