CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2009年02月26日

山奥のたなかさんへ。

はじめまして。ぱぴーといいます。


どうも私は皆さんからぽこさんのご主人と思われているようですが…違いますよ。
本当のご主人とは一度だけ面識はあるのですが…
ぱぴーより、ずっと遥かに素敵な方ですよ。


私もぽこさんの展示会や美術展で魅了されたぽこファンの1人です。

私自身が病に倒れ、長い間殺伐としモウロウとしていた中、
偶然ぽこ先生の作品に出逢い…涙が出ました。その後、法律的なご相談を受け…
現在は理事の1人として参加させて頂いております。 そんなご縁ですね。



ぽこさんからご連絡頂き、コメントを拝見しました。
若輩者ですが何か感謝の言葉をプレゼントしたく僭越ながら送ります。



うろ覚えですが、<夏目漱石の草枕より>


山路を登りながら考えた。…智に働けばカドがたつ、情にさおせば流される、

意地を通せば窮屈だ、とかく 人の世は住みにくい

住みにくさが高じれば住みやすいところへ引っ越す しかしどこへいっても同じ。

そこで詩が生まれ絵が生まれた

芸術は世の中をノドカにし、人の心を豊かにする。



ぱぴー
posted by ぽこ at 20:56| Comment(0) | (カテゴリなし)
この記事へのコメント
コメントを書く