CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2012年11月14日

東京ゲートブリッジ

東京ゲートブリッジは、年々増加するコンテナ輸送の道路混雑を緩和するために、臨港道路を整備する東京港臨海道路U期事業の橋梁区間(2618m)で、2004年から建設され2012年2月12日に開通しました。

東京ゲートブリッジの建設地が羽田空港に近く航空機の飛行ルート上にあるため、航空法により橋の高さに制限がある一方、東京東航路を通る大型船舶が航行可能な桁下の高さを確保するという難しい条件をクリアすることが必要でした。


1210gate231.jpg



1210gate191.jpg


1210gate131.jpg



このため、高い主塔が必要な吊り橋や斜張橋ではなく、三角形に繋いだ鋼材を組み合わせて橋桁の荷重を分散するトラス構造が採用されています。
一般公募の中から「東京ゲートブリッジ」の名称が採用されました。
また、恐竜が向かい合っているような特異な形状をしていることから恐竜橋とも呼ばれています。


1210gate051.jpg


1210gate311.jpg


1210gate441.jpg


1210gate621.jpg



写真をクリックすると大きなサイズでご覧いただけます。
詳しいレポートは、ホームページ「楽しく散歩」の「新着情報」でご覧いただけます。

  風来坊
posted by ぽこ at 00:46| Comment(0) | 楽しく散歩で絆つなぎ
この記事へのコメント
コメントを書く