CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2011年12月21日

旧古河庭園の紅葉

楽しく散歩」の風来坊です。
本日は「旧古河庭園の紅葉」の紹介です。

洋館とバラの庭園で有名な旧古河庭園は、古河虎之助が経営した東京における大正初期の代表的な庭園です。
武蔵野台地の斜面と低地という地形を活かし、北側の小高い丘には洋館を建て、斜面には洋風庭園、そして低地には日本庭園を配したのが特徴です。





この庭園はもと明治の元勲・陸奥宗光の別邸でしたが、彼の次男が古河財閥の養子になった時、古河家の所有となりました。なお、この当時の建物は現存しておりません。
現在の洋館と洋風庭園の設計者は、英国人ジョサイア・コンドル博士です。
日本庭園の作庭者は、平安神宮神苑、円山公園などを作庭した、京都の著名な庭師・七代目小川治兵衛です。





旧古河庭園には200本のカエデ類が日本庭園を中心に植えられています。
六義園や小石川後楽園は大名庭園ですから広大ですが、旧古河庭園はそれに比べるとコンパクトな庭園ですから、200本のカエデ類といっても密集している感じで、見応えがあります。



詳しいレポートは、ホームページ「楽しく散歩」の「新着情報」「旧古河庭園の紅葉」でご覧いただけます。

  風来坊
posted by ぽこ at 06:25| Comment(0) | 楽しく散歩で絆つなぎ
この記事へのコメント
コメントを書く