CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2011年10月30日

竜神大吊橋

楽しく散歩」の風来坊です。
本日は「竜神大吊橋」の紹介です。

竜神峡は男体山を源として原生林の中を流れる竜神川の浸食によって形成された渓谷です。
渓谷の下流部には竜神川をせき止めて作られた竜神ダムがあり、ダムの上には歩行者専用の吊り橋である竜神大吊橋が架けられています。






ダム湖上流の渓谷には古い滝壷が変化してできた亀ヶ淵に代表される、無数の瀬や淵があります。
竜神大吊橋付近から亀ヶ淵までは約4kmの自転車歩行者専用道路が設けられており、自然美の世界をのんびりと散策することができます。
また、流域には竜が棲んでいたという伝説もあります。



竜神大吊橋は観光用の歩行者専用有料道路です。
全長375mで、歩行者専用の吊り橋としては、2006年に全長380mの大分県の九重夢大吊橋が完成するまでは日本一の長さを誇っていました。
現在でも本州では最長の吊り橋です。
ダム湖の湖面からの高さは約100mあり、橋の上からは阿武隈高地や八溝山地の山並みを展望することができます。



竜神大吊橋は全長446mで、中央支柱間は375mあるため、設計にあたっては厳しい自然条件にも耐えることができるよう安全性には十分な注意を払い、一度に3500人の人が渡っても大丈夫なよう、最新の工夫が凝らされています。



詳しいレポートは、ホームページ「楽しく散歩」の「新着情報」でご覧いただけます。

  風来坊

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

 【絆つなぎ】のクリックをしていただけるとうれしいです。 応援よろしくお願いします。

 ここを押してくださいね!
↓↓↓↓↓
                
               
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 
posted by ぽこ at 00:10| Comment(0) | 楽しく散歩で絆つなぎ
この記事へのコメント
コメントを書く