CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2011年09月29日

奈良井宿

楽しく散歩」の風来坊です。
本日は「奈良井宿」の紹介です。

木曽路とは、中山道六十九次のうち、桜沢から馬籠までのおよそ22里をいい、宿駅は贄川から馬籠までの11宿です。
木曽路というと深山の難所続きの街道と思われがちですが、五街道が定められてからは、東海道とともに京都と江戸を結ぶ重要路線として整備されました。
今も残る石畳にそれがうかがうことができます。





木曽路は南北に長く標高差が600m余りもあるため、四季の風景も宿場ごとに異なり目を楽しませてくれます。
奈良井宿は木曽11宿のうち北から2番目の宿場町で、木曽11宿の中では最も標高が高く、江戸から来ると木曽路の難所の鳥居峠を控えていました。
このため、鳥居峠を前にして宿泊する人が多く、宿場町は「奈良井千軒」と謳われ、木曽路一番の賑わいでした。



奈良井宿は、鳥居峠上り口にある鎮神社を京都側の入り口として、奈良井川に沿って約1kmの中山道沿いに町並みが形成されています。
街道に沿って京都側から、上町、中町、下町の三町に分かれています。
昔は中町に本陣、脇本陣、問屋などが配置されていました。



奈良井宿は、NHK連続テレビ小説「おひさま」のロケ地として使用されたとのことです。
杉玉を掲げた酒屋、軒灯りの旅籠、千本格子の家々が軒を連ね、そのにぎわいは「奈良井千軒」といわれた当時の面影が保存されています。



詳しいレポートは、ホームページ「楽しく散歩」の「新着情報」でご覧いただけます。

  風来坊


―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

クリックをしていただけるとうれしいです。応援よろしくお願いします。

名所・ランドパークカテゴリーでも、ランキングに参加しています。

 ここを押してください!
↓↓↓↓↓
                
               
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
posted by ぽこ at 07:33| Comment(0) | 楽しく散歩で絆つなぎ
この記事へのコメント
コメントを書く