CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2011年07月30日

三渓園のハス

楽しく散歩」の風来坊です。
本日は「横浜三渓園のハス」の紹介です。

朝のすがすがしい空気の中で、咲いたばかりのハスを楽しむことができるように、三渓園では毎年、早朝観蓮会が開催されています。
ハスの花は、明け方からゆっくりと開花し、午前7時頃に一番の見ごろを迎えます。
そして9時頃から再び閉じ始め、昼ごろには完全に閉じてしまいます。
こうしたハスの開花の特徴に対応して、早朝6時に開園になります。



この早朝観蓮会は昭和50年から毎年開催されており、今年で37回目です。
早朝観蓮会は見頃の時期の土・日・祝日に開催されますが、今年は7月16日から8月2日までのすべての土・日・祝日に開催されます。
例年は7月上旬からですが、今年はハスの開花が遅いのか中旬からの開催です。
早朝観蓮会は特別料金ではなく、通常の入園料で観賞することができます。



三渓園は、生糸貿易で財をなした横浜の実業家 原三渓(本名:富太郎)の元邸宅です。
17万5千平方メートル(約53,000坪)にも及ぶ広い庭園は、原三渓の手によって精魂込めて造られ、明治39年(1906年)に「三渓園」として一般に公開されました。
ハスは泥の中から清らかな花を咲かせることから、俗世間から現れた優れた人材にもたとえられ、インドでは聖者の花、中国では君子の花といわれました。



三渓園の創設者 原三溪がとりわけ好んだ花だといわれています。
現在は、三渓園の正門を入って右側の蓮池に咲いていますが、三渓在世中は大池全体に植えられていました。
ハスの花が美しく池を彩る頃になると三渓は親しい人々を招いて、蓮見の茶会を催したそうです。
船遊びの趣向で催した茶会では、ある茶人が偶然流れてきた白蓮の蓮片を取り、梅干しを包んで食べたことを一同で褒めあうなど、大変風流なものだったようです。



現在、三渓園で生育しているハスは主に原始ハスです。これまで、種々の品種のハスが植えられてきましたが、背丈が高く繁殖力の強い原始ハスが残ったそうです。
原始ハスは一重咲きの大きな花で、開花1〜2日目は比較的濃い赤色ですが、3〜4日目には桃色に変化し、基部近くが白くなるのが特徴です。




詳しいレポートは、ホームページ「楽しく散歩」の「新着情報」でご覧いただけます。
ホームページ「楽しく散歩」は引っ越しました。ご迷惑をおかけします。
引っ越し後のホームページを表示しております。

  風来坊
posted by ぽこ at 16:21| Comment(0) | 楽しく散歩で絆つなぎ
この記事へのコメント
コメントを書く