CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2011年05月31日

神代植物公園のバラ

楽しく散歩」の風来坊です。
本日は「神代植物公園のバラ」の紹介です。

神代植物公園には、現在約4800種類、10万本・株の植物が植えられています。
園内はばら園、つつじ園、うめ園、はぎ園をはじめ、植物の種類ごとに30ブロックに分けており、景色を眺めながら植物の知識を得ることができるようになっています。



バラ園は、1960年に日米親善のため、ロスアンゼルス市長から贈られてきた80品種のバラをもとにして造られました。
現在では、左右対称の整形、沈床式庭園に約300品種、5500本余りのバラが植えられており、都内最大のバラ園といわれています。



花期は春と秋の2回で、春は5月下旬頃が、秋は10月中旬頃が見頃とのことです。
秋の花はやや小ぶりですが、色彩が鮮明とのことです。
今年も春のバラウィークが5月14日(土)〜5月29日(日)の間、開催されています。
バラウィークの日曜日にはバラ園コンサートなどのイベントもあります。



今年は昭和記念公園のシャーレーポピーを見た後に、行きましたので、神代植物公園に到着したのが12時15分頃でした。
バラ園に到着してびっくりです。
バラ園は大勢の人で賑わっており、しかもこの日は日射しが強いこともあり、バラ園は日傘の行列ができていました。



バラは見頃かなと思ったところ、ほとんどのバラが満開で、すでに花の傷んでいるバラも随分ありました。
ここ数日晴天でかつ気温の高い日の連続だったため、急速に開花が進んだと思われます。




詳しいレポートは、ホームページ「楽しく散歩」の「新着情報」でご覧いただけます。

  風来坊
posted by ぽこ at 16:32| Comment(0) | 楽しく散歩で絆つなぎ
この記事へのコメント
コメントを書く