CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2011年05月08日

赤レンガ倉庫フラワーガーデン

楽しく散歩」の風来坊です。
本日は「横浜赤レンガ倉庫フラワーガーデン」の紹介です。

横浜赤れんが倉庫の毎年恒例のイベント「フラワーガーデン」が今年も4月12日(火)〜5月8日(日)の27日間、開催されています。



横浜赤レンガ倉庫(新港埠頭保税倉庫)は、2号館が明治44年(1911年)、1号館が大正2年(1913年)に竣工しました。
保税倉庫としての役割は平成元年(1989年)までに終え、しばらく放置されていました。



平成14年(2002年)に、1号館は展示スペース、ホールなどの文化施設、2号館は商業施設となり、付近一帯は広場と公園を備える赤レンガパークとして整備され、横浜みなとみらい21地区の代表的な観光施設となっています。



赤レンガ倉庫の創業100周年を迎える今年のテーマは「つながる・みらいへ」です。
花壇面積約1300平方メートルの敷地に、100周年にちなんだ100種類、約3万株のカラフルな花々が咲き誇ります。



創建当時の赤レンガ倉庫屋根瓦を配置し、春の訪れを告げる桜の木や芝桜で彩るゾーンが入口にあります。
その奧には、ハンキングバスケットで作ったフラワートンネル、高さ2mの12段からなるフラワーピラミッド、高さ4mの100周年メモリアルツリーをシンボルとしたフラワーツリーステージ、ガーベラやカーネーションで彩る「希望ゾーン」と「感謝ゾーン」など、さまざまな形で100周年の春が彩られています。



詳しいレポートは、ホームページ「楽しく散歩」の「新着情報」でご覧いただけます。

  風来坊
posted by ぽこ at 09:54| Comment(0) | 楽しく散歩で絆つなぎ
この記事へのコメント
コメントを書く