CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2010年10月24日

昭和記念公園のコスモス

楽しく散歩」の風来坊です。
本日は「昭和記念公園のコスモス」の紹介です。

昭和記念公園では毎年「コスモスまつり」が開催されますが、今年も9月18日から11月3日の間、開催されています。
昭和記念公園のコスモスの花畑は、首都圏最大級といわれており、コスモスまつりの期間には例年55万人を超える見学者があるとのことです。



昭和記念公園のコスモスはいくつかの花畑に植えられ、開花時期をずらして次々と見頃を迎えるのが特徴です。
今年は3つの花畑に、11品種、550万本のコスモスが植えられています。
昭和記念公園の「コスモスまつり」の案内では、見頃の時期が次のようになっていました。
原っぱ東花畑 9月中旬〜下旬
コスモスの丘 10月上旬〜中旬
原っぱ西花畑 10月中旬〜下旬



コスモスの丘は、公園北側の丘の斜面に広がる、昭和記念公園で最大のコスモス畑です。
約16,500平方メートルの広大なエリアに400万本のコスモスが植えられています。
植えられている品種はピンクのドワーフセンセーションピノキオです。
コスモスの丘の最大の特徴は「コスモスの丘」の名前のとおり、斜面の丘全体がコスモスの花に埋め尽くされることです。



メインのコスモスの丘の見頃は、昭和記念公園の案内では10月上旬から中旬となっていますが、ネットの友人からの情報は10月に入っても、2分咲き、3分咲きという状況でした。
見頃という情報は届きませんが、第87回箱根駅伝予選会の開催される10月16日(土)に応援を兼ねて訪ねることにしました。
箱根駅伝予選会は9時スタートですが、この日の昭和記念公園は7時30分に開園になります。



7時30分開園と同時に入門し、真っ直ぐコスモスの丘に行くとラッキーなことに殆ど人がいません。
人影の少ないコスモスの丘を撮影後、応援に行きました。
箱根駅伝は近年各大学の実力が伯仲し、しかも新顔の大学が急速に力を伸ばしています。
今年も國學院大學、帝京大学、中央学院大学、上武大学などが予選通過する一方で、法政大学、大東文化大学、順天堂大学などの名門、伝統校が予選落ちしました。
風来坊の母校は予選落ちです。国立大学にとって箱根は夢の世界になってしまいました。



詳しいレポートは、ホームページ「楽しく散歩」の「新着情報」でご覧いただけます。

  風来坊
posted by ぽこ at 06:39| Comment(0) | 楽しく散歩で絆つなぎ
この記事へのコメント
コメントを書く