CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 東南アジア | Main | ラテンアメリカ»
バーミヤーンの月 [2011年01月10日(Mon)]
バーミヤーンで見た月と星。
澄んだ夜空に皓々としている。
角度が少し違うが、トルコの国旗のようである。

青き湖 [2007年07月20日(Fri)]
 絵の具の青を溶かして溜めたような湖が乾燥した高地にある。まるでマイルドセブンのCMのような青の世界である。澄み切った空の青を映している。

続きを読む・・・
竜の谷 [2007年07月17日(Tue)]
 バーミヤーン谷にある「竜の谷」では、岩尾根の背が割れ、湧き出す水に含まれた石灰質が少しずつ凝固しながら、奇妙な岩山をつくりあげている。

星空 [2007年07月11日(Wed)]
 帰国して数日が経つ。ようやく慣れたような気がする。バーミヤーンはとても美しいところであったが、ただ一つ残念だったのは星空である。

続きを読む・・・
帰国 [2007年07月08日(Sun)]
 昨日、アフガニスタンより帰国。バーミヤーンから飛行機を乗り継いで4日。しばらく乗り物には乗りたくない気分である。
バーミヤーン [2007年06月16日(Sat)]
バーミヤーンに入って3日目。かねてからの憧れそのままにとても美しい場所である。あと20日ほどこの渓谷で過ごす。
明日から [2007年06月09日(Sat)]
 明日からアフガニスタンに向かう。結局、前の晩にならないと準備が始まらない。ようやくリュックサックに荷物を詰め込んだ。20年前にシャモニーのスポーツ店でアルプス登攀用に購入したKarrimar Hot Route 45である。山をやめてからもずっとこのザックを背負っていろいろな国に行った。そろそろキャスター付きの鞄に買えようかと思うが、アフガニスタンであればやっぱりザックだろうと思う。
文明の十字路(2) [2007年05月23日(Wed)]
 アフガニスタン行の日程が二転三転している。カーブル=バーミヤーン間の国連機のスケジュールが変更になったからという。経由地もイスラマバードからデリーに変更になるようである。デリーは10数年前に一度行っているので、まだ行ったことないイスラマバードの方がよかったけれど、しかたがない。中央アジアや西アジアは10年ぶりである。10年前に行ったサマルカンドのアルバムを開いてみた。青いタイルの廟やモスクが美しい。

文明の十字路 [2007年05月17日(Thu)]
 来月からのアフガニスタン調査の日程が決まった。近くのトルクメニスタンやウズベキスタンには10年ほど前に出かけたことがあるが、アフガニスタンは初めてである。特に高校時代に憧れていた土地である。NHKのシルクロードの影響もあったが、サントリーオールドのCM「羊飼い」篇の影響も大きかった。幼なじみに世界一周するとか、シルクロード横断するとか語っていたことが懐かしい。結局、未だに実現していない。
続きを読む・・・