CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« ネパール・ヒマラヤ | Main | アラビア半島»
紫川の水面(2) [2008年06月30日(Mon)]
 退学してすぐに折尾の下宿を引き払い、Cの裏の古アパートに引っ越した。昼間でも薄暗く、人が住んでいるのか、いないのかよくわからないような建物であった。廊下を歩くと時々老人らしき人のうめき声が部屋から聞こえた。共同炊事場、共同トイレで、部屋は和室1間、きしんで開かない窓のガラスにはネオンのただれた色がいつも映し出されていた。少し傾いていたようで部屋でビール瓶が倒れるとカビ臭い畳の上を転がっていった。
続きを読む・・・
紫川の水面(1) [2008年06月23日(Mon)]
 高校を中退して、しばらく小倉の町に暮らしたことがある。西小倉駅の近くにあったCとという店で朝から深夜まで働いていた。休日もなかった。今の西小倉駅の場所は昔の小倉駅があった場所であり、その頃は小倉駅前ということで店も相当繁盛したらしい。樽に入りきらないお札を足で押し込んでいたとも聞いた。そして、私が働いていた当時、店の前の通りから裏の小道に少し入ると、行灯が道端に並んでおり、その脇の丸椅子には女が座っていた。
続きを読む・・・